【抜粋記事】ハイエンドスマホで有機ELが液晶を逆転

日経テクノロジーオンライン
ハイエンドスマホで有機ELが液晶を逆転

IHS 31stIJS_OLED-LTPS_image1

スマートフォン向けなど小型パネル市場で、有機ELの需要が急拡大するとの見通しを調査会社の英IHS Markit社が示した。同社は、用途別のパネル需要を予測し、スマートフォン用途のハイエンド市場で主力のLTPS(低温多結晶Si)TFT液晶パネルを有機ELパネルが2020年に逆転するとした


同社の予測によると、LTPS液晶パネルの需要は2020年に2016年比およそ1.4倍の590m2に拡大すると見込むものの、有機ELの伸びがさらに上回る。有機ELの需要は大きく成長し2020年には2016年比で約2.2倍の640万m2に達するとみる



当ブログ関連記事
メルク、有機EL材料新工場の稼働で生産能力5倍に
製造装置の今期、有機ELが収益押し上げ ニコンは関連利益4倍強
TCL、7000億円で有機EL生産の11世代ライン建設

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter