日本写真印刷、車内装品の独2社買収 非IT分野を強化

日本経済新聞
日本写真印刷、車内装品の独2社買収 非IT分野を強化

nissha_logo_image.jpg

日本写真印刷は10月、自動車のダッシュボードなど内装用の樹脂製品を手掛ける
ドイツメーカー2社を買収すると報じられています。買収額は合計で数十億円とみられるとのこと。
日本写真印刷は主力のタブレット端末用のタッチパネルが市況に左右されやすく、樹脂成形品や医療機器など
情報技術(IT)分野以外の事業拡大を急ぐとみられています。


買収するのは車の内装向け樹脂成形品のシュスタークンストストフテクニック社と、
成形品に木目模様などの加飾フィルムをつくるバックスティッカーズ社。いずれも同じ創業家から全株を取得し、
10月下旬に子会社化するとのことです。両社の2015年12月期の連結売上高は計2060万ユーロ(約23億円)。
日本写真印刷は欧州の生産拠点を手に入れ、現地自動車大手との取引を拡大するとみられます。

日本写真印刷は北米とアジアに車用の樹脂成形品の生産拠点を持ち、
16年3月期は同事業の売上高が約180億円とみられています。連結売上高約1200億円の半分を
タブレット用のタッチパネルが占めています。8月には米医療機器メーカーの買収で合意しており、
IT以外の分野を伸ばして18年3月期に全社の売上高を1700億円とすることを目指すとのことです。

当ブログ関連記事
タッチパネル「混乱期だからこそチャンス」
【液晶パネル】 TPKと日本写真印刷、銀ナノでiWatch供給業者入りか
【液晶パネル】 次世代iPad用受注で日本写真印刷・TPKとLG協力か

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter