産総研、微小間隙に生じる毛細管力を利用した高精細印刷技術を開発(追記)

マイナビニュース
産総研、微小間隙に生じる毛細管力を利用した高精細印刷技術を開発

AIST_nanoin_screen_print_image2.jpg
従来技術(左)と今回開発した技術(右)で印刷したパターン。
インク滲み・拡がりを防いで高いアスペクト比を保ち、フィルムの透明性も向上している

産業技術総合研究所(産総研)は、微細構造の毛細管力を利用した
超高精細・厚膜印刷技術を開発したと発表しています。


同成果は、産総研 集積マイクロシステム研究センター マルチスケール機能化表面研究チーム 穂苅遼平研究員、
栗原一真主任研究員らの研究グループによるもの。

スクリーン印刷では、印刷原版を高精細化すると開口部のインク詰まりなどが生じるため、
量産時のパターンの線幅は約50μmが限界となっていました。また、微細な印刷パターンを
電気配線として用いる場合、電気抵抗を低く抑えるために高アスペクト比が求められますが、
一般的な印刷技術では1を超えるアスペクト比の配線を印刷することは難しいとされています。

そこで今回、同研究グループは、微細成形技術や微細凹凸構造による表面濡れ性制御技術をもとに、
微小間隙に生じる毛細管力を利用した高精細印刷技術を開発しています。

具体的には、まずナノインプリント成形により、フィルム表面に大きな毛細管力が生じるように適切に設計した
ナノメートルからマイクロメートルの凹凸構造を形成し、その後凹凸構造を形成したフィルムにスクリーン印刷を実施。
こうすることで、凹凸構造により大きな毛細管力が生じ、構造の微細な間隙に機能性インクを充填でき、
数μmの線でも印刷可能となります。同技術では原版パターンの1/30の線幅のパターンでも印刷できるため、
従来の技術のように原版パターンの開口部を微細化する必要がなく、開口部のインク詰まりの問題は生じません。

AIST_nanoin_screen_print_image1.jpg
ナノインプリントとスクリーン印刷による微細な厚膜印刷の工程

また、従来の印刷技術による導電フィルムでは、波長550nmの光の透過率が43%でしたが、同技術を用いると、
線幅3μmという超微細な配線を印刷できるため、導電フィルムの透過率は90%となったとしています。

さらに従来の印刷技術では、微細化すると配線の高さも低くなり、シート抵抗が増加してしまっていましたが、
今回の技術では、凹凸構造の微細間隙内にインクを閉じ込めるため、配線を微細化しても高さを保つことができ、
高いアスペクト比の配線を印刷でき、シート抵抗の増大を抑制することができるとのこと。

今回開発した技術は、自動車や家電などの曲面パネルのフィルムインサート成形にも応用できるとしています。
同研究グループは今後、高精細・厚膜印刷フィルムのサンプル提供や共同研究などにより、
技術の高度化と橋渡し連携活動に注力していくとしています。

関連記事
(16/10/20追記)
OPTRONICS ONLINE:産総研,毛細管力による超高精細・厚膜印刷技術を開発
ITmedia:ナノメートル単位の高精細な印刷技術、産総研が開発 タッチパネルの透明度大幅向上へ

当ブログ関連記事
【抜粋記事】ストレッチャブルエレには回路簡略化が必要
飛躍のきっかけは3代目iPad向け受注 スクリーン印刷装置のATMA
SCREEN、新たなプリント配線技術を確立

    
 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter