東洋紡、100%植物由来のバイオ樹脂

日経テクノロジーオンライン
東洋紡、100%植物由来のバイオ樹脂
蘭VBが開発したPEFを製造、酸素バリア性はPETの10倍


Toyobo_PEF_iwakuni-plant_image1.jpg
図:新PEFの重合を行う岩国事業所

東洋紡は岩国事業所(山口県岩国市)において、バイオベンチャーのオランダAvantium社が開発した
100%植物由来のポリエチレンフラノエート(PEF)を製造するとしています(図)。
同PEFを使ったフィルムも製造し、三井物産と協力して販売。2017年にサンプル提供を開始する予定です。


このPEFは、ポリエチレンテレフタレート(PET)に近い特性を持ちながら、
フィルムやボトルに成形したときのバリア性がPETより高いのが特徴。
酸素に対してはPET比で10倍、水蒸気に対しては2倍のバリア性を持つとしています。

バイオ由来の糖質原料から造られるフランジカルボン酸(FDCA)と
バイオ由来のエチレングリコールを重合して製造。
PETはテレフタル酸とエチレングリコールを重合して製造されますが、多くの場合は、
石油由来のテレフタル酸とバイオ由来のエチレングリコールを使うので、100%のバイオ樹脂にはなりません。
それに対してAvantium社は、テレフタル酸に似た構造を持つフランジカルボン酸を
糖質原料から高効率に製造する方法を開発し、100%植物由来のPEFを実現したとしています。

東洋紡は既に、バイオマス高融点ポリアミド「バイロアミド」や非晶性ポリ乳酸樹脂「バイロエコール」、
一部にバイオ原料を使用したパッケージングフィルム「バイオプラーナ」などを製造しており
新しいPEFの製造により、バイオ樹脂製品のラインアップを拡充するとしています。

当ブログ関連記事
厚さ0.3mmの伸びるフィルムで生体情報を計測  東洋紡、「COCOMI」のサンプルなどを披露
北陸先端大と筑波大、ガラス・ポリカより高強度−バイオ原料で透明樹脂を開発
NEDOなど、杜仲由来の非可食性バイオマスで耐衝撃性と延性に優れた複合材料

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter