【抜粋記事】ソニー VAIO グローバル経営・適地生産適地販売/VAIO−日本と海外で戦略転換(追記)

日刊工業新聞
ソニー VAIO
グローバル経営・適地生産適地販売/VAIO−日本と海外で戦略転換


Sony-Vaio-Logo.jpg

2014年にソニーのパソコン部門が独立したVAIOが、設立3年目に入った


規模がモノを言うパソコン業界で、同社は設立2年目の16年5月期に営業損益の黒字化を達成した


大田社長は、「世界シェアが低いと部品価格は高くなるが、商品・サービスなどのつくり込みでカバーできる」と言い切る。いかに消費者のニーズに合致した商品を出すかはもちろん、営業や生産戦略の変化による貢献も大きい


設立後、同社が実施したことの一つが、自前の営業部や技術営業部隊を持つことだった。設計・製造から販売・サポートまで一貫した体制を構築し、顧客の声を商品企画に反映しやすくした。その上で、機種ごとに事業計画を立て、在庫や限界利益、返品率などの指標を毎月管理し、設計リーダーが売り上げ責任まで持つ


生産面では、長野県安曇野市の本社工場と海外を使い分け、コストと品質をコントロールする


ただ、海外生産品を日本の顧客に直接提供するのではなく、消費地に近い安曇野で徹底的に品質をチェックする


同社は、この品質検査を「安曇野フィニッシュ」として“ウリ”にしている



VAIO_QC_azumino-finish_image1.jpg
海外生産品も安曇野工場で徹底的に品質をチェックする

安曇野の本社工場では、新しいビジネスを広げる。かつて生産していたソニーのイヌ型ロボット「AIBO」などのノウハウを生かした電化製品の受託生産で、「さまざまなジャンルのプロジェクトが進行している」



関連記事
(17/05/10追記)
YOMIURI ONLINE:ソニーが売却したVAIO、「V字回復」のワケ
ASCII.jp:VAIOが品質管理に取り入れた独自の基準とは?
ASCII.jp:VAIOブランドを支える安曇野FINISHの秘密に迫る

当ブログ関連記事
東芝、富士通、VAIOの3社がPC事業を統合か--報道に対し3社が否定のコメント
「VAIOの里」は「ロボットの里」にも、VAIO新社長が新領域を目指す
「VAIO」がスマホ事業に1月参入、ソニーと競合へ


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter