米グーグル、相乗りサービス開始へ ウーバーに対抗 = WSJ

REUTERS
米グーグル、相乗りサービス開始へ ウーバーに対抗=WSJ

GooglevsUber_logo_image1.jpg

アルファベット傘下の米グーグルは今秋、サンフランシスコでモバイル向けナビゲーションアプリ「ウェイズ」の
利用者に対し、相乗りサービスを本格的に開始する計画と報じられています。
米配車サービスのウーバー・テクノロジーズに対抗する狙いとのことで
米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じています。


報道によると、グーグルは5月、カリフォルニア本社周辺で特定の会社の従業員を対象に
ウェイズの利用者が相乗りできるサービスの試験運用を開始したとのこと。

一方、アルファベットの幹部、デービッド・ドラモンド氏がウーバーの取締役を退任しています。
両社間の競争が激しくなっていることが理由。グーグルは2013年、ウーバーに2億5800万ドル投資していますが、
今では互いをライバル視する傾向が強まっている、とWSJは伝えています。

ロイターのコメント要請に対するグーグルの回答は得られていないとのこと。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】 トヨタが海外でライドシェアに乗り出す、Uberに出資
Google、自動運転カーの配車サービスを開発中──Bloomberg報道


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter