【抜粋記事】想定外、VRの体験者が地面にダイブ

日経テクノロジーオンライン
想定外、VRの体験者が地面にダイブ
VRの課題はユーザーの危険な行動


CEDEC2016_VR ZONE Project i Can_kousyokyouhushow_image1

バンダイナムコエンターテインメントではVRコンテンツを体験できる施設として「VR ZONE Project i Can」をダイバーシティ東京プラザに開設している。同施設内のコンテンツの1つに、「高所恐怖SHOW」がある。高さ200mの高層ビルで迷子になった子犬を助け出す、というものだ。


田宮氏によると、高所恐怖SHOWの開発中に、映像内のビル群に飛び込もうとした体験者がいたという。「(VR空間のビル群に)『落ちてみたいです』と言いながら、本当に地面に向かって胸から飛び込んだ」(同氏)。


VRコンテンツの魅力は、例えば一般的なゲームに比べて、「空間的な自由度が上がり、その中で面白い体験をできる」(田宮氏)ことである。一方で、課題もある。例えば、前述のように、「体験者がコンテンツに没頭するあまり、安全を顧みない行動を起こしてしまう」(同氏)ことだ。


「VRコンテンツをプレーしたときに、人間がどういった行動をするのかという知見がたまってきた」と述べ、問題行動の対策を提示した。その一例が、飛んだり、走ったりするような危険な行動をさせないために、体験者に対して何度もアナウンスをすることだという



当ブログ関連記事
【抜粋記事】AR/VRセッションが注目集める、韓国ディスプレー学会
【抜粋記事】“ポストVR”を見据え「触覚デザイナー」の育成に奔走する慶大准教授
VRデバイスの一般への認知度は半数以下、臨場感ある体験には期待

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter