【抜粋記事】AR/VRセッションが注目集める、韓国ディスプレー学会

日経テクノロジーオンライン
AR/VRセッションが注目集める、韓国ディスプレー学会

韓国Smasung Display社は、従来のスマートフォン用だけでなくVRやパソコンなどの新しい応用と、それぞれの分野での有機EL(OLED)ディスプレーの長所を分かりやすく展示



Samsung_Oculus_VR_OLED_headset_image1.jpg

VRのコーナーでデモしていたのは、米Oculus社と共同開発したVR用有機EL搭載ヘッドセットである。現行の製品版の仕様は「パネルは2160×1200画素、映像の解像度は片目当たり1080×1200画素相当、フレーム周波数は90Hz」だが、今回展示していたのは、パネルが5.7型WQHD画素で、解像度は片目当たり1280×1440画素相当だった


その隣には次期VR用パネルとして5.5型4Kパネルを展示していた。解像度は実に806ppiに達する


OLEDで800ppiが実現できてしまうと、「モバイル機器用の液晶ディスプレー(LCD)は高精細化で有機ELと差異化できる」などという戦略はもはや成立しなくなるだろう


今回の展示から、まずPlayStation VR向けのフルHDから始め、WQHD、4Kへと画面サイズを変えずにコストを抑えながらVR用パネルのラインアップを拡充させていき、世界中のVR市場を独占しようというSamsungの戦略が見えてくる



LG_display_booth_korea-display-conferensce_image1.jpg

韓国LG Display社は、ハイダイナミックレンジ(HDR)をうたった77型4K有機ELテレビ(OLED TV)と、曲面を生かしたユニークなデザインのサイネージ向けのマルチディスプレーを展示


77型4K有機ELテレビは、HDR対応の詳細の説明はなかったが、表示領域面積と白ピーク輝度は以下の通り。で、通常の有機ELテレビよりも全白輝度とピーク輝度の差を広げているのが分かる。表示領域10%でピーク輝度は800cd/m2、表示領域25%でピーク輝度は500cd/m2、表示領域100%で全白輝度は150cd/m2


サイネージ向けの曲面マルチディスプレーは、3面×2の表裏両面表示。65型のパネルを縦長にして3枚つなぎ合わせ、111型4K画素を実現した。表示領域25%のピーク輝度は450cd/m2、全白輝度は150cd/m2、120Hz駆動で4Kのテレビ映像を表示



当ブログ関連記事
VRデバイスの一般への認知度は半数以下、臨場感ある体験には期待
Samsung、平衡感覚をつかさどる神経を刺激して“動き”を感じられるVRヘッドセット「Entrim 4D」発表(追記)
LG、仮想現実ヘッドセット「LG 360 VR」を発表--「LG G5」に対応

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter