ANAとJSR、「3Dプリント義足」の開発に協力

マイナビニュース
ANAとJSR、「3Dプリント義足」の開発に協力

SHC-design_3Dprint_image1.jpg
SHCデザインが製作する「3Dプリント義足」

全日本空輸(ANA)とJSRは、SHCデザインが製作する「3Dプリント義足」を共同開発し、
今後実用化に向けて支援していくと発表しています。


世界で義足を必要としている患者は1700万人いると推定されていますが、一般的な金属を用いた義足は
単価30~40万円と効果なため、わずかな人しか購入できず、また、義足に使用されている金属の錆を敬遠して
海辺に近寄れなかったり、空港の保安検査場では義足の金属部品がセンサーに反応するため、
係員による触手検査を受ける必要があるなどの課題があります。

SHCデサインはこうした国内外の義足歩行者が抱えるトラブルを解決するため、
2015年に3Dプリント義足の開発をスタート。JSRが開発した3Dプリント用素材「FABRIAL R」シリーズを使用して、
2017年度の販売開始を目指しています。同義足は3種のプラスチック材料というシンプルな構成で、
製造原価は一般的な義足の20~30%程度。金属を含まないため従来の義足に比べ軽いとのこと。

「FABRIAL R」シリーズは、JSR独自のポリマー技術を活かして開発された3Dプリンタ用フィラメント材料。
医療分野も含めたさまざまな産業で利用実績がある材料をベースに開発され、
「やわらかくしなやか」という特性を持っています。また、直接肌に触れる素材として、
皮膚刺激性テスト(ISO 10993-10準拠)による安全性も確認されているとのこと。

なお、ANAは同開発において、義足歩行社員による検証と技術的アドバイス、空港でのサービス提供検証、
SHCデザインの事業展開時の渡航支援などの協力を行うとしています。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】シーメンスPLMとHP、3Dプリンティングの10倍高速化を目指す技術開発で提携
ウェアラブルは「着る」から「貼る」へ 筋肉の動きを測定する「電子ナノ絆創膏」 早稲田大学が開発
3Dプリンタで臓器の立体模型作成、価格は従来の3分の1 DNPと筑波大が技術開発(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter