オハラ、-30℃で駆動する全固体リチウムイオン電池を開発(追記)

マイナビニュース
オハラ、-30℃で駆動する全固体リチウムイオン電池を開発

OHARA_LIIB_-30degree_image1.jpg
透明樹脂ラミネートでパッケージした積層型全固体リチウムイオン電池

オハラは-30℃で駆動する全固体リチウムイオン電池の試作に成功したと発表しています。


同社が試作に成功した全固体リチウムイオン電池は、固体電解質にオハラの酸化物系固体電解質「LICGC」、
正極および負極に酸化物系材料を用い、粉末シートを積み重ねた上で、焼結により作成されています。

一般的に全個体電池は界面抵抗が大きく、中でも酸化物系の無機固体電解質を用いたものは低温下の特性が
著しく低下するという課題がありますが、これに対し電池を積層構造化することで、緻密かつ効率的な構造を持つ
全個体電池を実現したとのこと。

OHARA_LIIB_-30degree_image2.jpg
積層型全固体リチウムイオン電池の断面構造をとらえた電子顕微鏡写真

この全固体リチウムイオン電池は、一般的な小型電子機器向けに使用される液式リチウム電池では駆動が難しい
-30℃の低温下でも駆動の実証に成功。一方、電解液や一部の全固体電池で使用される金属リチウムを
使用しないため、200℃の高温環境でも燃えず、著しい変質劣化も示さないとしています。
また、大気中で安定している酸化物系材料で構成されるため、硫化物系無機固体電解質を使用した
全固体電池に比べ、安価な工程構築が可能とのことです。

オハラは今後、酸化物系固体電解質「LICGC」の固体電池への採用を推進するとしています。
今回開発した全固体リチウムイオン電池は、小型電子機器に搭載されている電解液を用いたリチウムイオン電池との
置き替えが期待されるとし、2019年の電池部材としての採用を目指すとしています。

関連記事
(16/09/14追記)
EEtimes:-30℃でも駆動する全固体Li電池の試作に成功

当ブログ関連記事
オハラ、リチウムイオン伝導性ガラスセラミックス発表
オハラ、超低熱膨張ガラスを増産へ
オハラ、耐衝撃・高硬度クリアガラスセラミックスを発売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter