パナソニック、途上国スマホ市場に参入 アフリカなどで低価格品販売

日本経済新聞
パナソニック、途上国スマホ市場に参入 アフリカなどで低価格品販売

Panasonic_logo_image3.jpg

パナソニックは発展途上国のスマートフォン(スマホ)市場に参入すると報じられています。
今秋にケニアとガーナ、ナイジェリア、バングラデシュ、ミャンマーの5カ国で端末を発売し、2017年にさらに
10カ国以上でも展開するとのこと。一部の機能を省いた1万円前後の低価格商品を投入し、
年産300万台まで増やす方針です。


日本では13年に個人向けスマホ事業から撤退していました。
途上国では成長余地があるとみて米アップルなどに対抗するとしています。
途上国用のスマホは大容量のバッテリーを搭載しつつ、カメラや動画撮影などの機能を絞り
また、高速通信「LTE」には対応せず、1万円を下回る機種を充実させるとのことです。

中東や西アジア向け拠点のインド子会社では、18年3月期にソフトウエア技術者を現在の2倍の
300人規模に増やし開発力を高めるとし、17年以降も「サブサハラ」と呼ぶ、サハラ砂漠以南の
アフリカ各国に積極参入するとしています。

パナソニックの16年3月期のモバイル事業売上高は約2千億円で、このうちインド子会社は約180億円。
途上国市場への参入で同社の売上高を18年3月期に450億円に増やす計画です。

パナソニックは日本と欧州で13年までにスマホ事業から撤退しています。
インド子会社は生産を続けており、16年3月期には150万台を販売。日本でも採用していた独自ブランド
「ELUGA」での販売も検討するとのこと。
途上国でブランドの知名度を高め、白物家電や配電などでも参入機会を広げたい考えです。
パナソニックは今年3月末に「19年3月期に連結売上高10兆円」との目標を撤回し、
利益重視の経営に転換すると表明しています。

>Panasonic、スマホ「ELUGA(エルーガ)」ブランドの復活を宣言─インド市場で
>パナソニック、個人向けスマホの開発休止-企業向けに特化

当ブログ関連記事
【抜粋記事】パナソニック、第1四半期は純利益63.5%減の217億円。TV事業は30億円の黒字
パナが成長の「キモ」とするAI、人材育成も強化へ
パナソニック、テレビ用液晶パネルから撤退(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter