シャープ、給与一律カット見直し 戴社長「再建やり遂げたい」実績重視へ舵(追記)

産経WEST
シャープ、給与一律カット見直し 戴社長「再建やり遂げたい」実績重視へ舵

Sharp_sakai-plant_HQ_office_image1.jpg
シャープの新本社となった堺工場の事務棟(手前)

台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業傘下で経営再建を目指すシャープの戴正呉(たい・せいご)社長は
産経新聞の取材に対し、全社員を対象に実施している給与カットを9月支給分から見直す方針を明らかにしています。
今後は、より成果を重視した人事評価に改め、社員の努力を促すとのこと。


鴻海グループ副総裁の戴氏は、8月13日付でシャープの社長に就任。21日に堺市のシャープ本社で
幹部会議を開き、中長期の経営方針などを議論。夏季休暇明けにあたる22日、就任後初めて全社員に向けて
経営方針を伝え、新体制を始動させています。

シャープは平成24(2012)年に巨額赤字を計上して以来、全社員を対象にした給与、賞与カットを
繰り返しており27年8月からは管理職で5%、一般社員2%の給与の減額をしています。
産経新聞の取材で戴氏は、こうした給与の一律減額を見直す一方で、
自身のシャープ役員としての報酬は受け取らない意向を明らかにし、
「私は鴻海の役員でもある。今はシャープの再建をやり遂げたいという思いだ」と述べています。

シャープでは、経営危機と買収交渉の長期化で同業他社などへの人材流出が続き、再建への影響が
懸念されており、実績をより評価する給与システムを取り入れ、優秀な人材を確保するとのこと。

戴氏は台湾の電機メーカーでの日本駐在を経て、昭和61(1986)年に鴻海に入社。
日本語が堪能で、鴻海の郭台銘(かく・たいめい)会長の右腕として、日本企業とのビジネスでの
交渉役を務めてきています。

シャープの新経営陣9人のうち、鴻海は戴氏を含む6人を指名、シャープ出身者は3人。
10月末をめどに新たな中期経営計画をまとめ、鴻海主導で再建を進めるとしています。

関連記事
(16/09/06追記)
NEWSWITCH:シャープ「鴻海ナンバー2」新社長で本当の再生へと動き出す
日刊工業新聞:シャープ、一般社員の給与カット廃止−戴社長、人員は「改善がなければ削減」
AV Watch:シャープ戴正呉新社長が社員にメッセージ「早期の黒字化を」。信賞必罰の鴻海流制度も
(16/10/17追記)
産経WEST:戴新社長からシャープ社員へ!これがメッセージ全文 「信賞必罰の人事を徹底」「皆さんと私は仲間です」「早期に黒字化」
(16/10/21追記)
東洋経済:シャープ、戴社長のリストラに高まる緊張

当ブログ関連記事
シャープ、三重工場で有機ELパネルの前工程。アップルへの採用目指す
堺の第10世代工場でLTPS、SDPが出来たての試作品を披露
シャープ債務超過、新社長は鴻海副総裁の戴氏に(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter