【抜粋記事】ソニー、第1四半期は営業利益562億円。ゲーム堅調、HE&S営業利益は上方修正

AVWatch
ソニー、第1四半期は営業利益562億円。ゲーム堅調、HE&S営業利益は上方修正

Sony_logo_image2.jpg

ソニーは2016年度第1四半期(2016年4月1日~6月30日)の連結業績を発表した。売上高は、前年同期比10.8%減の1兆6,132億円。営業利益は同42%減の562億円。税引前利益は同58.9%減の570億円。純損益は同74.3%減の212億円(前年は824億円)で減収減益ながら黒字を維持した。



Sony_16_1Q_result-1.jpg

PlayStation 4ソフトウェア好調によるゲーム分野での増収があったが、為替の影響や、スマートフォンの販売台数の大幅な減少などを、減収の主な要因としている。大幅な減益の理由としては、ゲームやモバイル分野など改善があったものの、主に半導体分野の損益悪化を挙げている。


テレビを含むホームエンタテインメント&サウンド(HE&S)分野の売上高は、前年同期比6.8%減の2,359億円となった。営業利益は同85.3%増の202億円。研究開発費の増加や為替の悪影響などがあった一方で、コスト削減や高付加価値モデルへのシフトによる製品ミックスの改善などで、分野全体で増益となった。為替の悪影響は26億円。


ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)分野は、売上高が前年同期比14.5%増の3,304億円。営業利益は前年同期比126.3%増の440億円。ネットワークを通じた販売を含むPS4ソフトウェアの大幅な増収が売上/収益に寄与


デジタルカメラなどイメージング・プロダクツ&ソリューション(IP&S)分野は、売上高が前年同期比25.8%減少の1,222億円。営業利益は前年同期比57.7%減の75億円


スマートフォンなどのモバイル・コミュニケーション(MC)分野は、売上高が前年同期比33.7%減の1,859億円。普及価格帯のスマートフォンの販売台数の減少などが影響したという。営業損益は4億円に黒字転換。製品ミックスの改善や、構造改革の効果などによる費用削減などが寄与した。


イメージセンサーやカメラモジュールなどを中心とした半導体分野の売上は、前年同期比22.9%減の1,444億円。営業損益は435億円の赤字で、前年同期の327億円の黒字から大きく落ち込んだ。減益の要因は、カメラモジュールに関する長期性資産の減損203億円や、熊本地震に関連する費用(純額)136億円、為替の悪影響としている。


熊本地震の営業利益への悪影響は、連結で342億円と試算。イメージセンサーの生産キャパシティは、一部を熊本テックで生産していた生産を山形テックに変更したことで減少したが、「(6月の経営方針説明会で平井氏が説明した)イメージセンサーは中長期で成長が期待できるとの認識は変えていない。来年度に向けて複眼用を含む付加価値の高いカスタム品の比率を上昇させるとともに、コスト構造を改善することで収益性の回復を図る」(吉田氏)としている。


映画分野の売上高は前年同期比6.9%増の1,833億円


営業損失は、米ドルに対する円高などで、前年同期に比べ10億円縮小の106億円。


音楽分野の売上高は、前年同期比8.7%増加の1,415億円


音楽制作は、主にストリーミング配信売上の増加により増収



Sony_16_1Q_result-2.jpg

当ブログ関連記事
ソニー、15年度営業利益予想を300億円下方修正 スマホ部品減速で
電機大手の業績に暗雲 中国のスマホ伸びず円高も加速
ソニーの4─12月営業益は2.3倍、イメージセンサーは急ブレーキ(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter