【抜粋記事】パナソニック、第1四半期は純利益63.5%減の217億円。TV事業は30億円の黒字(追記)

AVWatch
パナソニック、第1四半期は純利益63.5%減の217億円。TV事業は30億円の黒字

Panasonic_logo_image3.jpg

パナソニックは、2016年度第1四半期(2016年4月~6月)の連結業績を発表した。売上高は前年同期比5.9%減の1兆7,485億円、営業利益は12.6%減の669億円、税引前利益は19.0%減の588億円、当期純利益は63.5%減の217億円となった。



Panasonic_2016_1Q_Result-1.jpg

セグメント別(IFRSベース)では、アプライアンスの売上高が前年比2%増の6,720億円、セグメント営業利益は189億円増の423億円となった。為替影響を除く売り上げ成長は7%増になるという。



Panasonic_2016_1Q_Result-2.jpg

Panasonic_2016_1Q_Result-3.jpg

テレビ事業は、売上高は前年同期比51億円減の766億円、事業部利益は57億円増の30億円の黒字となった。


エアコン事業の売上高は前年同期比4%減の1,551億円、食品流通事業が84%増の722億円、スモール・ビルトイン事業が2%減の974億円、メジャー事業は2%減の1,198億円、AV事業は4%減の1,076億円となった。


AVCネットワークスの売上高は、前年同期比9%減の2,499億円、セグメント利益は70億円増の129億円。


エコソリューションズは、売上高が4%減の3,502億円、セグメント営業利益が47億円減の50億円。実質売上高は1%減だという。


現在停止中の二色ノ浜の生産拠点は今年度中の生産再開を予定していたが、来年度中になる可能性があるとした。


オートモーティブ&インダストリアルシステムズは、売上高が11%減の6,174億円、営業利益は160億円減の182億円となった。実質売上高は3%減だという。


また、テスラとの提携により推進している車載電池生産のギガファクトリーへの投資を前倒しすることを発表した。



関連記事
CNET:パナソニック、積極的な先行投資で固定費増加--「成長に向けての打ち手は着実に実行」

当ブログ関連記事
パナソニック、18年度に空調売上7000億円へ 大型強化で
18年度までの戦略投資「変わらず」=片山パナソニック役員
パナソニックが通期予想を下方修正、中国事業など悪化(追記)

     
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter