FC2ブログ

シャープ、三重工場で有機ELパネルの前工程。アップルへの採用目指す

NEWSWITCH
シャープ、三重工場で有機ELパネルの前工程。アップルへの採用目指す
18年からの本格量産は亀山か鴻海の工場で

Sharp_OLED-foldable_panel_image2.jpg
シャープが試作した折り曲げ可能な有機ELパネル「フォルダブルOLED」

シャープは2017年内に始める有機エレクトロ・ルミネッセンス(EL)ディスプレーパネル製造の前工程を
三重工場(三重県多気市)で行う方針を固めたと報じられています。


18年に計画する本格量産は、亀山工場(三重県亀山市)の活用を検討しているとのこと。
同社は台湾・鴻海精密工業による買収が中国政府による独占禁止法の審査待ちで完了できず、
協業を始められない状態となっていました。
17年にも米アップルが発売する新型スマートフォンへの採用を目指し、独自に量産準備を進めるとしています。

シャープは17年内に、鴻海と共同運営する大型液晶工場「堺ディスプレイプロダクト」(SDP、堺市堺区)で
有機ELパネルの少量生産を始める計画です。三重工場で有機ELパネル製造の前工程である回路基板を生産し、
SDPでパネルに仕上げるとのこと。

三重工場の回路基板生産能力はスマホ用パネル換算で月60万枚程度。
亀山工場は液晶パネル製造も継続するため、本格量産時は鴻海グループの工場を活用する
可能性もあるとされています。

当ブログ関連記事
勢いづく有機EL市場、装置・部材に商機 厳しい国内勢
シャープ元社長、JDI副社長に 液晶パネルの営業分野を担当(追記)
堺の第10世代工場でLTPS、SDPが出来たての試作品を披露


関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter