【抜粋記事】次のターゲットは日本やアジア?ヨーロッパ発新興スマホメーカー「Wiko」が世界へ進出(追記)

engadget
次のターゲットは日本やアジア?ヨーロッパ発新興スマホメーカー「Wiko」が世界へ進出

Wiko_logomark_image1.jpg

ヨーロッパではフランスの「Wiko」、イギリスの「Kazam」、スペインの「Bq」などが次々と製品を投入しており、海外の大型展示会に出展するメーカーも増えている


先進国フランスを拠点とするWikoは、母国フランスらしさを前面に押し出す製品ラインナップで差別化に挑んでいる


Wikoは「ルックス」「ファッション」を重視し、カラフルな色合いや木目風のカバーなど他社には無い多色のカラバリ展開を行っている


フランスでのWikoのマーケットシェアはサムスンに次いで2位。アップルを抜いて17%ものシェアを獲得している。Wikoは街中に目立った広告展開は行っておらず、SNSや口コミを使った製品の認知拡大を行っている。Wikoのユーザーの85%は18歳から35歳で、身近な情報はTVや新聞よりもスマートフォンを使うSNS世代だ。価格、デザイン、機能のバランスに優れたWikoの製品は今はフランスで誰もが知るブランドとなっている


Wikoの強みは先進国でも新興国でも通用する価格帯と性能の製品をラインナップに揃えていることに加え、デザイン面での差別化にも成功しているところだ



関連記事
(17/04/05追記)
日本でも展開が始まっています。
ケータイWatch:フランスの新興メーカー「Wiko」の日本展開を聞く

当ブログ関連記事
日本は残された未開拓市場--ファーウェイがSIMフリー端末を販売する理由
【携帯】 欧州スマホ市場で中国HUAWEI・仏Wiko台頭 中位・入門機市場拡大で


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter