ソニー、自社開発の3Dプリンターで部品を量産

NEWSWTICH
ソニー、自社開発の3Dプリンターで部品を量産
最大で手帳ほどの大きさの造形物が可能。製造受託も

Sony_3D-print_MP_image1.jpg

ソニーは8月に自社開発の3次元(3D)プリンターを活用した量産部品生産を始めるとしています。
開発した3Dプリンターは、試作に使っていた従来機に比べて造形速度が数十倍速く、マイクロメートル単位の
高精細な造形が可能。
新製品や既存製品の生産などでの活用に加え、将来は他社からの製造受託も視野に入れるとしています。


3Dプリンターで生産するのは新規事業創出プロジェクトで生まれた新製品の小型アロマディフューザー
「AROMATIC(アロマティック)」の内蔵部品。部品は高さ2センチメートルほどの筒状で、
当初は約2500個を量産、出荷するとのこと。

開発した3Dプリンターは、造形物の大きさにもよりますが、一般的な射出成形機と同程度の生産能力を持つそうです。
最大で手帳ほどの大きさの造形物を作れるとのこと。

光硬化樹脂の表面にガラスを当て、ガラス越しにレーザー光を照射して造形する「規制液面光造形法」を応用。
液面を平らに保ちながら硬化するため、高精度に造形できるとのこと。
照射するレーザーのスポット径は3.5マイクロメートル以下。

液面を押さえるガラスを曲面とし、ガラスを回転させながらレーザーを当てて樹脂を硬化。
造形物の積層とガラスからの剥離を同時にすることで、造形速度を高めたとしています。
従来はガラスから加工対象物(ワーク)をはがすのに時間がかかり、
造形精度と高速性を両立するのが難しかったとのこと。

当ブログ関連記事
【抜粋記事】シーメンスPLMとHP、3Dプリンティングの10倍高速化を目指す技術開発で提携
北大と大塚化学、強度・耐久性がゴム並みのハイドロゲル開発(追記)
Stratasysがフルカラー3Dプリンターを投入 最大6種の材料を組み合わせて36万色以上を実現

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter