鴻海・日亜・ジャフコ出資の企業、有機EL切断で注目 ロシアから技術供与

EMSOne
【EMS/ODM】 鴻海・日亜・ジャフコ出資の企業、有機EL切断で注目 ロシアから技術供与

nanoplus-tech_logo_image1.jpg
http://www.nanoplustech.com/

台湾紙『経済日報』は、台湾フォックスコン(FOXCONN=鴻海精密=ホンハイ)、日亜化学(Nichia)、
ジャフコ(JAFCO)らが出資するNANOPLUS TECH(昆山納諾科技)という企業の持つロシア発の
レーザー切断技術が、有機EL(OLED)分野でフォックスコンが韓国サムスンディスプレイ(Samsung Display)、
韓国LGディスプレイ(LG Display=LGD)に対抗していく上で重要な武器になるとして台湾市場で
注目されていると報じています。

当ブログ関連記事
スペクトラ・フィジックス、ガラス切断向けフェムト秒レーザを発売
東工大、切削工具の刃先と対象物距離をナノ単位で測る技術開発
ファインテック、ガラスを曲線切断・面取りするレーザー加工機開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter