TIANMA、アルバックに蒸着装置を発注か 武漢の有機ELライン用

EMSOne
【液晶パネル】 TIANMA、アルバックに蒸着装置を発注か 武漢の有機ELライン用

TIANMA.png

中国のディスプレイ情報サイト『中華顕示網』は、パネルの中国TIANMA(天馬微)が16年5月、
ディスプレイ用の真空・製膜装置のアルバック(Ulvac)に第6世代生産ライン向け蒸着装置を
発注したと伝えています。
17年第2四半期の稼働を目指す中国湖北省武漢の第6世代低温ポリシリコン(LTPS)生産ラインに
導入するとしているとのことです。

当ブログ関連記事
TIANMA、武漢LTPS工場をフレキシブル有機ELに変更 17年下半期量産へ
ZTE、スマホ新モデル有機ELに中国製 TIANMAとVisionox
中国政府系ファンド、パネル国産化に資金 ChinaStarとTIANMAに

関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter