日東電工、中国でTVパネル向け偏光板を生産へ

OPTRONICS ONLINE
日東電工,中国でTVパネル向け偏光板を生産へ

nitto_logo_image1.jpg

日東電工は、現在中国深圳にある深圳日東光学有限公司の敷地内に、超薄型偏光板の前工程の
生産設備の建設を決定、この度現地での必要な手続きを開始したと発表しています。


中国市場においてTVパネルをはじめとする生産台数が年々拡大をしてきており、
この成長する中国市場に対応するため既に稼働中の中国深圳日東光学敷地内に新たに
「Nitto超薄型偏光板」(Ultra-Thin Polarizer)生産ラインを新設するとのこと。

Nitto_ultra-thin-polarizer_image1.jpg
Nitto Ultra-Thin Polarizer

ディスプレイは年々薄くなっていますが、より薄く、よりフレキシブルなディスプレイを達成するためには、
偏光板の薄型化、低収縮化が大きな課題となっており、「Nitto超薄型偏光板」は従来品より大幅な薄型化、
低収縮化が可能な偏光板だとしています。

この偏光板はその技術の高さからアメリカSIDが主催するDisplay Industry Awards 2016において
Display Component of the Year Awardを受賞しており、中国でも量産を行なう事で、現地顧客のニーズ増への
柔軟な対応が可能となるとしています。

同社では大きく変化するディスプレイビジネスにおいて変化に素早く柔軟に対応していくため、
この偏光板の中国での生産を機に、ニーズにより幅広く応える体制を整備するとしているとのこと。

日東電工ニュースリリース
Nitto開発の超薄型偏光板の生産設備 中国深圳へ大型投資

当ブログ関連記事
【抜粋記事】日本の電子部品メーカーは技術革新の波に乗り続けられるのか?
2015年の工業用PETフィルム市場の構成比、光学用が46.5%
偏光板、需要低迷と価格下落で台湾勢が苦戦

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter