サムスン、アップルに有機EL スマホ用供給へ 7200億円投じ5割超増産

日本経済新聞
サムスン、アップルに有機EL スマホ用供給へ 7200億円投じ5割超増産

Nikkei_SamsungDisplay_OLED_Plant_image.jpg

韓国サムスン電子は2016年に8兆ウォン(約7200億円)程度を投じて有機ELパネルの生産設備を
拡充すると報じられています。スマートフォン(スマホ)用パネルに換算すると2億数千万枚分で現状より5割超増加。
米アップルや中国メーカーへの供給体制を整える模様で、最大手の大規模増産でスマホパネルの液晶から
有機ELへの移行が加速し、画面が鮮明で多様なデザインのスマホの普及が進みそうだとされています。


アップルは有機ELスマホを出す時期を部品メーカーに伝えていた18年から、一部機種は17年に前倒しする計画。
有機ELパネル市場をほぼ独占するサムスンに供給を打診したもようだと報じられています。

子会社サムスンディスプレーが韓国・湯井に持つ工場を拡充するとのこと。
16年の設備投資はパネル全体で10兆ウォン程度で、約8割を有機ELに充てる模様です。
過去3年は液晶と有機ELの合計で年平均5兆ウォン弱を投じています。
現在の有機ELの生産能力はスマホ用換算で年3億枚を大きく上回るとみられます。

サムスンのスマホ「ギャラクシー」は販売台数が世界1位で、2位のアップルの「iPhone」と競合しますが、
アップルは半導体メモリーなどの部品事業の顧客でもあります。スマホに並ぶ収益源である部品事業を
拡大するとともに、注力する有機ELの市場を拡大させる模様。

サムスンは自社のスマホの大半で有機ELを採用し、量産ノウハウを蓄積。
生産コストは液晶並みに低下しているようだとみられており
サムスンの大型投資は競合のパネルメーカーの脅威になりそうだと報じられています。

液晶世界最大手のLGディスプレーは今後数年間でテレビ用などを含めて有機ELパネルの増産に
10兆ウォン超を投資。スマホ用にも参入すると報じられています。
ジャパンディスプレイは500億円を投じて17年春に有機ELの生産ラインを新設。
18年以降に本格量産を始めるとしています。

アップルが有機ELを採用することで、ほかのスマホメーカーが追随する可能性がありますが、
今回のサムスンの増産規模は15年の自社のスマホ販売台数3.2億台(推計値)と比べて大きく、
巨額の投資負担が収益の重荷となるリスクがあるとみられています。

Smartphone_OLEDvsLCD_share_image1.jpg

当ブログ関連記事
韓国系の有機EL生産能力、15年からの5年で年平均33.1%成長 DIGITIMES調査
曲がる画面持つスマホ、サムスンが来年初めに発表かーブルームバーグ報道(追記)
サムスン、40型TV用液晶工場をiPhone用有機EL生産用に転換
サムスンが1兆円先行投資か、iPhoneディスプレーで-関係者


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter