ジャパンディスプレイ、3年間の研究開発費に1000億円。高精細化や有機ELに

NEWSWTICH
ジャパンディスプレイ、3年間の研究開発費に1000億円。高精細化や有機ELに

JDI_4K_LCD-panel_image1.jpg
JDIが製品化した4K液晶パネル

ジャパンディスプレイ(JDI)は2019年3月期までの3年間で、約1000億円を研究開発に投じるとしています。


過去3年間と比べて約1.8倍の規模。得意とする低温ポリシリコン(LTPS)技術を進化させた
次世代高精細ディスプレーや、狭額縁化技術、フレキシブルディスプレーの開発などを進めるとのこと。
一方で設備投資は抑制し、成長投資として研究開発に重点配分するとしています。
研究開発費は毎年300億円程度を充てるとしています。
過去3年間の実績では計549億円を投じており、大幅に投資額を積み増す形になります。

開発費を重点配分する分野は液晶ディスプレーの高精細化技術や、有機ELディスプレー技術の確立など。
19年3月期に営業利益率を16年3月期比8.3ポイント増の10%に引き上げる目標に向けて、
利幅の大きい新製品を開発し、利益の創出に力を注ぐとしています。

同社は売上高の85%を占めるスマートフォン向け事業からの脱却を目標に掲げ、中型液晶事業を強化しています。
車載パネルやノートパソコン向けを注力領域と位置付け、高精細や低消費電力、デザイン性を強みとして
中型市場でのシェア拡大を加速。19年3月期には非スマホ事業の生産比率を33%に高める計画です。

JDI_RD_16-19_plan_image1.jpg

一方、17年3月期に計画している1500億円の設備投資は、200億-300億円減額する見通し。
不要不急の設備更新などを抑え、資金を成長投資に回すとしています。

当ブログ関連記事
シャープ元社長、JDI副社長に 液晶パネルの営業分野を担当(追記)
液晶ディスプレーを曲げる、折りたたむ ジャパンディスプレイなどが開発
【抜粋記事】JDI 車載ディスプレイ執行役員インタビュー

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter