日本電気硝子、福井のガラス加工工場休止

日本経済新聞
日本電気硝子、福井のガラス加工工場休止

NEG_logo.gif

日本電気硝子は6月中に、薄型ディスプレーのガラス表面に特殊な加工をする
若狭上中事業場(福井県若狭町)を休止しています。
太陽電池などを手がける取引先メーカーの減産で受注が減っているため。
滋賀県にある主力工場に生産を集約して効率を高めるとしています。


福井県の工場の従業員は約100人で約50人の正社員は別の工場に配置転換する予定。
建物は当面残すが、生産再開は未定としています。

同工場は1991年設立。太陽電池の表面やスマートフォン(スマホ)画面用のカバーガラスなどを加工生産。
同社は滋賀高月事業場(滋賀県長浜市)にも同様の設備があり一部生産を移管していました。

日本電気硝子は工場再編を進めており、昨年には医療用管ガラスを生産する
藤沢事業場(神奈川県藤沢市)を閉鎖しています。

当ブログ関連記事
日本電気硝子、量子ドットベンチャーに出資
サンゴバンとコーニング,自動車向け合弁企業を設立
日本電気硝子、熱膨張係数のバリエーションを揃えた基板ガラスを発売

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter