【抜粋記事】サイドミラーなしのクルマが解禁、鏡がカメラに置き換わるとどうなる?(追記)

MONOist
サイドミラーなしのクルマが解禁、鏡がカメラに置き換わるとどうなる?

Car_mirrer-less_image1.jpg

2016年6月から日本国内で“ミラーレス車”の公道走行が解禁になる。車両外部に装着したカメラで後方/後側方の間接視界を確保する代わりに、サイドミラーをなくすことが認められる。カメラの性能や強度、撮影する範囲は国連が基準を定めており、これに沿って日本でも道路運送車両の保安基準を改正する。サイドミラーがカメラに置き換われば、空気抵抗の低減やミラー分の軽量化を図ることができる。また、夜間の視認性向上や、画像認識技術と組み合わせた運転支援など安全面の進化も見込まれる。


サラウンドビューやバックモニターの場合、自動車メーカーはカメラに依存せずに直接、安全確認を行いながら運転するよう呼びかけている。これまで、カメラはミラーと目視を補助する役割でしかなかったが、今後は間接視界を確保する部品としてカメラとミラーが同等の立場になっていく。


ミラーレス車のメリットは、サイドミラーを廃することによる空気抵抗の低減と軽量化と、運転支援機能の搭載を同時に実現できる点だといえそうだ。死角低減のため大きなミラーを搭載するトラックやバスでも、ミラーレス化の需要が高いという。


サイドミラー代わりの映像が見られなくなった後、ドライバーの自宅や修理工場にたどり着くまでの間に関する車両の規定はない。速やかに修理してもらうしかない」というものだった。ミラーレス車のカメラに限らず、サイドミラーが破損した場合であっても、そのまま家に帰るなり修理工場に駆けこむしかないのは同じだといえる。


ミラーレス車が市場に登場するのは「日欧の市場向けで2~3年以内の見通しだ。規定への対応が遅れている北米では、日欧よりもミラーレス車投入が遅れそうだ。自動車メーカーは当面の間、ミラーレスと従来のサイドミラーでグレードを分ける形になるだろう」



関連記事
(16/08/22追記)
ITmedia:“死角”を減らすルームミラー 後方カメラの映像表示 村上開明堂が開発
NEWSWITCH:近未来の車内空間を征するサプライヤーはどこだ!
(16/08/30追記)
NEWSWITCH:車載電子ミラー市場は立ち上がるか。日欧解禁で各社が相次ぎ製品化
(16/09/13追記)
日経テクノロジーオンライン:自動車部品の電子化競争で先頭走る、多機能ルームミラー
(16/10/26追記)
産経ニュース:「電子ルームミラー」が凄すぎる! 鏡なのか? 液晶なのか? バックミラー最大手の村上開明堂が開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter