パナが成長の「キモ」とするAI、人材育成も強化へ

EETimes
パナが成長の「キモ」とするAI、人材育成も強化へ

Panasonic_AI_area_image1.jpg
パナソニックがAIで注力していく分野 出典:パナソニック

東京大学は2016年6月、大学院理工学系研究科知能機械情報学専攻に
「先端人工知能学教育寄付講座」を設置すると発表しています。
同講座は、トヨタ、ドワンゴ、オムロン、パナソニック、野村総合研究所、ディー・エヌ・エー、
みずほフィナンシャルグループ、三菱重工業から9億円の寄付で実現。
2021年5月31日までの5年計画で活動を開始するとのこと。


具体的には、1)先端人工知能手法とその理論および応用に関する講義、2)対外連携活動、3)基礎研究
を実施していくとのこと。2016年4月から大学院講義「先端人工知能論I」を開講しており、2016年度後半には
「先端人工知能論II」の開講も予定しています。カリキュラムの拡大も予定しており、深層学習を含む
先端人工知能技術とその理論基盤に関する体系的教育プログラムの構築と実施による人材育成を
目指すとしています。

記事では今回の寄付講座開設の狙いについて、パナソニック技術戦略部でソフトウェア戦略担当理事を務める
梶本一夫氏に話を聞いています。梶本氏はまず「人工知能(AI)技術は、パナソニックがこれから成長していくための
“キモ”という認識でいる」と語っています。

しかし、AI技術において同社は後発です。そのため、人員の強化が求められており、今回の寄付講座開設も
長期的にみた人員強化策の1つとのこと。自動車分野などへの応用に向けて、ディープラーニング技術で注目を集める
ベンチャー企業のPreferred Networksと事業提携を行うといったオープンイノベーションも進めています。

「AI分野は業界全体として人材が足りていない。社内のソフトウェア人材のマインドセットを切り替えながら、
外から人材を育てるのも進める」(梶本氏)

<「パナソニックラボラトリー東京」を開設>

パナソニックの研究開発の方向性と取り組み内容を紹介する「技術10年ビジョン」の「IoT/ロボティクス領域」でも、
AIは注力する分野の1つとして挙げられています。具体的には、人を家事から解放することを目指す
「AIロボティクス家電」や多言語音声翻訳などで実現する「店舗・接客ソリューション」、事故や渋滞ゼロを目指す
「自動運転・コミュータ」、労働不足の解消を目指す「次世代物流・搬送」分野でAIを活用するとのこと。

また、2016年4月には研究施設「パナソニックラボラトリー東京」(東京都江東区)を開設。
人の生活に役立つ技術を意味する“ヒトティクス研究所”をコンセプトに、AIやIoT、ロボティクスなどの分野における
ハブとなる研究施設を目指していくとのことです。

当ブログ関連記事
パナソニック、テレビ用液晶パネルから撤退(追記)
今後は人工知能とエネルギー領域に重点 パナソニックの研究開発戦略(追記)
総合電機、今期業績は“意志ある”減益とV字回復狙う(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter