三菱ガス化学、屈折率1.66のカメラレンズ材開発−スマホ・車載向け

日刊工業新聞
三菱ガス化学、屈折率1.66のカメラレンズ材開発−スマホ・車載向け

Mitsubishi-gas-chem_camera-polyca_image1.jpg
カメラレンズ材料用の特殊ポリカーボネート製品(イメージ )

三菱ガス化学はカメラレンズ材料向けに、業界最高級の屈折率1.66を備えた
特殊ポリカーボネート樹脂を開発したとしています。
屈折率が高いほどレンズの薄型化につながり、スマートフォンやタブレット端末の軽薄短小に貢献できるとのこと。
自動運転に不可欠な車載カメラの需要も今後拡大するため、製品開発で競合他社に先行するとしており
今夏から販売を本格的に始めるとのこと。


新開発のカメラレンズ材料は高屈折率とともに、約140℃の耐熱性を持っています。
光学性能以外の売りはポリカーボネートの特性を生かした高強度や金型成型のしやすさとのこと。
スマホなどモバイル機器向けが当面の主要な用途ですが、自動車向けの需要も狙うとしています。

三菱ガス化学は自動車部品メーカーなどの要求仕様に対応できるよう車載向けの開発を進めています。
既存製品を提案しつつ、樹脂の改良などに取り組むとのこと。
例えば、車載用途でより求められそうな耐熱性のさらなる向上などが可能です。

2020年以降の自動運転の実用化に向けては歩行者検知や道路の白線追従、側方・後方の物体確認など
多くの場面で画像認識が必要で、車載カメラの搭載数が飛躍的に増える見通しです。

一方で、スマホも搭載カメラ数の増加や、カメラの高画質化で高性能なレンズ材料の引き合いが
依然強く需要は堅調と予想しています。

高屈折率のカメラレンズ用樹脂市場は世界的に三菱ガス化学と大阪ガスケミカル(大阪市西区)、帝人の
3社が競合しており、三菱がトップシェアとのこと。
4月に帝人が屈折率1.65で耐熱性約150℃のレンズ用樹脂を発表するなど、開発競争は激しくなっています。

当ブログ関連記事
5.5型iPhone 7 Plus、全量にデュアルレンズ採用か 供給のLargan株急騰
微小な凸凹構造にも使える反射防止膜、低コストで高性能に
三井化学,高屈折レンズ材料でスタンプルーペを開発
コンタクトレンズがスクリーンになる「ポリマー薄膜コーティング」技術

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter