【抜粋記事】ガートナー曰く、2016年におけるスマートフォンの販売成長率は1桁台に後退見込み

TechCrunch
ガートナー曰く、2016年におけるスマートフォンの販売成長率は1桁台に後退見込み

Smartphone_stock_image1.jpg


ICTアドバイザリー界の大手であるガートナーによれば、今年はスマートフォン販売の成長率が大幅に落ち込む見通し


2015年は14.4パーセントの成長率だったものが、2016年には7パーセントまで下がる見込み


先進欧米市場は飽和状態に近づいていて、また需要が先細る中国においても成長が鈍化している


インドなどでは大いに成長の余地があるのだとも、ガートナーは言っている。フィーチャーフォンが販売台数中61パーセントを占めていて、スマートフォンの価格が十分に下がれば、一気にスマートフォンに買い換えるような展開も有り得る


インドにおける、今年のスマートフォンの販売台数は1億3900万台程度だそうで、これも昨年比で29.5パーセントの増加となる。しかしインドにおける携帯電話機の売れ筋価格は70ドル程度であり、そのような中でスマートフォンが売れるためには、価格帯が120ドル以下程度であることが必要


一方でガートナーは、中国においては新たなベンダーが登場してくる余地もあるとしている。2018年までには、新しいスマートフォンメーカーが中国内のベスト5スマートフォンメーカーの一角に割り込んでくると見ている


また、アフリカにおけるサハラ以南の地域についても、スマートフォンベンダーにとっては魅力的なところだとしている。この地域では、昨年になってようやくスマートフォンの売り上げがフィーチャーフォンを上回ったところ



当ブログ関連記事
米マイクロソフト、中国の小米に特許売却 長期の提携関係構築へ(追記)
電子部品大手、業績失速。スマホ向け「台数動向が見えない」(追記)
中国2015年のスマホ出荷は2.5%増の4億3,410万台、上位から消えたサムスン

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter