フレキシブルOLED市場、新たな用途で成長加速へ

EETimes
フレキシブルOLED市場、新たな用途で成長加速へ

IDTechEX_plastic_flexible_OLED_market_image1.jpg
プラスチック/フレキシブル有機ELディスプレイの市場予測 出典:IDTechEX

<2020年には180億米ドル規模に>

英国の市場調査会社であるIDTechEx Researchが発表した最新レポート
「OLED Display Forecasts 2016-2026: The Rise of Plastic and Flexible Displays
(2016~2026年の有機ELディスプレイ市場予測:プラスチック/フレキシブル有機ELディスプレイの台頭)」によると、
2016年の同市場規模は約20億米ドルに達し、2020年には180億米ドル規模に拡大する見込みだとのこと。


有機ELディスプレイの2大主要メーカーであるSamsung DisplayとLG Displayは、
いずれも生産能力を拡大するための大規模な投資を発表しています。
Samsung Displayは、2015~2017年の間に30億米ドルを投じて、
新しい製造ラインを建設する予定だとしており、また、ライバル企業であるLG Displayは、90億米ドルを投入して
新しい製造工場を2カ所に建設することにより、業界をリードしていきたい考えです。

<「Galaxy」や「Apple Watch」も採用>

フレキシブル基板上に形成する有機ELディスプレイは、既に市場に投入されています。
例えば、Samsungの最新スマートフォン「Galaxy S7 Edge」やAppleのスマートウオッチ「Apple Watch」などの
民生機器に搭載されています。プラスチック有機ELディスプレイは、従来のガラス基板ベースのディスプレイよりも
はるかに薄くて軽いため、デバイスの薄型化と電池容量の増加を実現することができます。
IDTechEx Researchでシニアテクノロジーアナリストを務めるGuillaume Chansin氏は、
「将来的には、フレキシブルディスプレイによって、折り曲げ可能なモバイル機器を実現できる
可能性もある」と述べています。

同氏は、「プラスチック/フレキシブルディスプレイの台頭は、業界における最も重要な動向だ。
これにより、サプライチェーンにさまざまなチャンスがもたらされている」と指摘しています。
米国のKateevaは最近、8800万米ドルの資金を追加調達しており、さらなる成長拡大を狙っています。
同社はフレキシブル有機ELディスプレイ上に薄膜を蒸着するための装置を提供。
新しい投資家たちは全て、BOEやTCL Capitalをはじめとする中国企業ばかりのようです。

Chansin氏は、レポートの中で、「プラスチック/フレキシブル有機ELディスプレイ市場は、
2020年までに180億米ドル規模に成長するとみている。現在のところは、スマートフォンとスマートウォッチの
2つが主要分野であるが、技術がさらに成熟していけば、自動車用ディスプレイなどの大きい寸法での用途も
実現する可能性がある」と述べています。

<AR、VRの台頭で新たなチャンス>

AR(拡張現実)やVR(仮想現実)など、ウェアラブル機器での新しい用途も市場に登場していることから、
有機ELディスプレイメーカーに新たなチャンスがもたらされているようです。
ソニーやOculus、HTCなどは既に、有機ELディスプレイをベースとした新しいVRヘッドセットを発表しています。
ARヘッドセットでは、主要なディスプレイ技術として、有機ELマイクロディスプレイが
LCoS(Liquid Crystal on Silicon)を置き換える可能性があるとのこと。


当ブログ関連記事
2019年耐熱フレキシブル基板市場、OLEDで51億円に
山形大、プリンテッドエレクトロニクスのベンチャー設立(追記)
LG Displayは辛くも黒字、有機ELへの注力加速
有機EL、Samsung Displayが大規模投資へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter