凸版、液晶調光フィルム企業との協業へ

OPTRONICS ONLINE
凸版、液晶調光フィルム企業との協業へ

Toppan_kyusyunanotech_film_product_image1.jpg

九州ナノテック光学と凸版印刷は、液晶調光フィルム事業での協業に合意したと発表しています。
液晶調光フィルムは、液晶を使い電源のオン/オフで「透明」と「白濁」を瞬時に切り替え、
通過する光をコントロールできるフィルムです。


この提携により、凸版印刷は、九州ナノテック光学が持つ液晶調光フィルムの販売および
独占製造権を取得したとのこと。
凸版印刷は2016年5月より液晶調光フィルムの販売を開始するとともに、九州ナノテック光学から
技術支援およびライセンスを受けて生産ラインを新設し、2017年度前半期より量産を開始する計画です。

また、九州ナノテック光学は世界初となる、電源オフの際に「透明」で、電源をオンにすると「白濁」する
新タイプ(リバースモード)の液晶調光フィルムの開発に成功し、2016年9月より販売を開始するとのこと。
この新製品は、非通電時が「透明」であるため、安全性が重視される自動車などの輸送機器をはじめ、
さらなる用途拡大が見込まれるとしており、この新製品についても、今後、凸版印刷が販売と量産を行なう予定です。

凸版印刷はディスプレイ関連事業や建築資材分野、マーケティングプロモーション分野での販売チャネルを活用し
ワールドワイドに事業を展開、調光フィルム関連事業で2020年に200億円の売上を目指すとしています。
さらに両社は、凸版印刷の持つディスプレイ関連技術や表面加工技術と九州ナノテックの液晶調光技術を
組み合わせ、液晶調光フィルム市場で圧倒的なシェア獲得を目指すとのことです。

凸版印刷ニュースリリース
九州ナノテック光学と凸版印刷、液晶調光フィルム事業で協業
~遮蔽性と透明性で世界最高レベルの調光フィルムの販売と生産を拡大~


当ブログ関連記事
凸版印刷、電源不要の防災用蓄光フィルムを開発 - 約12時間の発光が可能
凸版印刷、白黒赤の表示が可能なフレキシブル電子ペーパーを開発
トッパン・フォームズ、耐熱200℃の高機能ICタグを開発‐自動車塗装工程に提案
凸版印刷、超狭額縁銅タッチパネルモジュールを開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter