FC2ブログ

【液晶パネル】 TAIWANGLASS、タッチパネル用ガラスに参入

EMSOneより。
【液晶パネル】 TAIWANGLASS、タッチパネル用ガラスに参入

TAIWANGLASS(台玻)

TG logo

http://www.taiwanglass.com/index.php?langeno=en


台湾TAIWANGLASS(台玻)が、タッチパネル用ガラスに参入すると報じられています。
同社は15億NTドル(約50億円)を投資して同社の台中工場をタッチパネル用ガラス向けに改造するとの事です。
同工場では2008年にタッチパネル用の1.1mmガラスを生産しているようですが、
現状では1.1、0.7、0.5mmが通常用いられるガラスで、0.4、0.33mmが薄い部類に入ります。
薄板ガラスを生産するためには搬送系の大幅な改造が必要になると思われます。
加えてタッチパネルには通常化学強化ガラスが使用されますので、
表面のアルカリを置換するための化学強化漕が必要となります。
(生産品目に「強化ガラス」がありますが、HPを見るに「熱強化ガラス」だと思われます)
同工場ではlow-Eガラス生産用のスパッタ装置も保有しているようですので
例えばタッチパネルセンサーに用いられるITOなどの成膜にも活用することも考えられるのではないでしょうか。

■台中工場概要
敷地面積:250,068m2
建屋面積:177,247m2
ガラス炉:3炉
生産ライン:16本
生産キャパ:420,000MT

工場外観
TG 台中工場

生産設備
TG1.jpg
TG2.jpg
TG3.jpg
TG4.jpg

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
ガラス大手の台湾TAIWANGLASS(台玻)が、タッチパネル用ガラスに参入する。
同社は5月6日、15億NTドル(1NTドル=約3.3円)を投じて、台湾台中工場をタッチパネル用ガラス向けに
改造すると表明した。年産能力は1.6万トンに達する見込み。さらに、中国にも板ガラス生産ラインを新設、
Low-E glassの生産能力は3780万平米に上る。台湾紙『経済日報』(5月7日付)が報じた。

同紙によると、TAIWANGLASSは台湾台中工場をTF-5のE-CLASSタッチパネル用超薄型ガラス
生産ラインに改造する。同工場ではこれまで、建築用板ガラスを生産していた。

一方、中国には、3500万米ドルを投じて板ガラスのコーティング生産ラインを新設。
Low-E glassの生産能力拡大を図るという。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter