密度5倍の蓄電池を実用へ、トヨタ、ソニー、京大など

日経テクノロジーオンライン
密度5倍の蓄電池を実用へ、トヨタ、ソニー、京大など

NEDO_RISING2_image1.jpg

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、リチウムイオン電池を超える性能を持つ新型蓄電池の
実用化を目指す研究プロジェクト「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発(RISING II)」を開始するとしています。
2030年までエネルギー密度500Wh/kg、コストは1kWh当たり1万円を目指すとのこと。
期間は2016~2020年度の5年間、予算は約150億~180億円を見込んでいます。
京都大学やソニー、トヨタ自動車など16大学と10企業、4つの研究機関が参加。


NEDOでは2009~2015年度に「革新型蓄電池先端科学基礎研究事業(RISING)」に取り組み、
エネルギー密度500Wh/kgを実現できる電池として亜鉛空気電池、硫化物電池、ナノ界面制御電池の3つを選定。
今回のRISING IIでは、正極や負極、電解質などの材料開発、セル設計技術など
実用化に向けた技術開発を進めるとのことです。

さらに、蓄電池開発に必要な電池の解析技術についても開発を進めるとのこと。
RISINGでは、電池の化学反応中の現象を中性子などのビームを用いて解析する手法や
100μmまでの深さを観測できる解析手法「共焦点XRD法」を開発しています。
RISING IIではこれらの手法をさらに高度化し、時間分解能を10倍、空間分解能を3倍、
表面深さ分解能5倍を目指すとのことです。
またRISING IIではこれら複数の解析手法を組み合わせてプラットフォーム化し、
電池設計にフィードバックしていくとしています。

関連記事
マイナビニュース:ポスト・リチウムイオン電池の実用化に向けた挑戦 - NEDO、"革新型"車載用蓄電池の技術開発へ
ITmedia:EV普及の起爆剤、性能5倍のブレークスルー蓄電池が試作段階へ

当ブログ関連記事
今後は人工知能とエネルギー領域に重点 パナソニックの研究開発戦略
全固体電池有力材料の構造解明に成功
GSユアサ、パナソニックの鉛蓄電池事業を300億円で取得
国内の定置用蓄電池市場は2017年に2倍、2020年には5.5倍へ

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter