大日本印刷、有機EL部材を増産 生産能力3倍(追記)

日本経済新聞
大日本印刷、有機EL部材を増産 生産能力3倍

DNP logo_image1

大日本印刷は有機ELパネルの生産に不可欠な「蒸着マスク」と呼ばれる部材を増産すると発表しています。
エレクトロニクス関連部材の主要拠点の三原工場(広島県三原市)に60億円を投じて
蒸着マスクの生産能力を3倍に引き上げるとのこと。
スマートフォン向けを中心に有機ELパネルの量産に動くパネルメーカーからの発注増に対応するとしています。



2020年までに段階的に60億円を投じて蒸着マスク製造に用いる生産設備や検査装置を増強。
蒸着マスクは半導体分野で培った微細な加工技術を持つ大日本印刷が世界シェアの過半を占めており、
需要拡大に合わせて生産能力を高めて競合を突き放すねらいのようです。

蒸着マスクは有機ELパネルの画像を映し出す赤と緑、青の発光材料を
ナノメートル単位で塗り分けるために必要な部材。
気化させた発光材料をマスクを通して精度高く付着させるため、
マスク性能の改善がディスプレーの解像度向上に直結します。

大日本印刷は製造や材料技術に多数の特許を持つ強みを生かして、
パネルメーカーとの共同開発で存在感を高めています。

能力増強に合わせて、現時点でスマートフォン向け有機ELパネルを量産する韓国サムスンディスプレーをはじめ、
LGディスプレーやジャパンディスプレイ、鴻海(ホンハイ)精密工業傘下となるシャープなどに
営業攻勢をかけるとのこと。各社とも液晶から有機ELへと急速にカジを切っており巨額の設備投資を表明しています。

大日本印刷は製造装置に加えて、蒸着マスクの需要も高まると判断。
顧客基盤を拡充して同分野の売上高を現在の約100億円から20年に3倍の300億円規模に拡大する計画です。

関連記事
(16/07/07追記)
OPTRONICS ONLINE:DNP,OLED蒸着マスクを増産へ

当ブログ関連記事
DNP、商品棚の価格表示スペースに動画などを投影できる透過型スクリーン
DNP、樹脂ガラスに転写して耐候性/耐摩耗性を向上させるフィルムを開発(追記)
DNP、窓に貼るだけで採光の効率を上げるフィルムを発売
大日本印刷、銅メッシュ線幅2μmのタッチパネル電極フィルム量産


関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter