LG Displayは辛くも黒字、有機ELへの注力加速(追記)

日経テクノロジーオンライン
LG Displayは辛くも黒字、有機ELへの注力加速

LG-display_logo_image2.jpg

韓国LG Display社が2016年4月27日に発表した2016年第1四半期(1~3月)決算は、
売上高5兆9890億ウォン(前年同期比15%減、前四半期比20%減)、
売上総利益6260億ウォン(前年同期比54%減、前四半期比18%減)、
営業利益400億ウォン(前年同期比95%減、前四半期比34%減)、
当期利益10億ウォン(前年同期比100%減、前四半期比黒転)で、減収・営業減益となっています。


売上総利益率は10.5%(2015年第4四半期は10.2%)、営業利益率は0.7%(同0.8%)、
当期利益率は0.0%(同-0.2%)となり、2015年第4四半期(10~12月)と同様に低調な水準となっています。
価格の大幅な低下を、10%台半ばの販売管理費削減(過去5年の平均実績は1桁%台半ば)、
製品構成の改善(テレビ用の構成比上昇)、為替の好影響(同社の売上の9割がドル建て)などで補い、
営業黒字は維持した形です。

第1四半期の出荷面積は、前年同期比3.2%減、前四半期比7.7%減の948万3000m2。
面積当たりの米ドル建て平均販売単価(Blended ASP)は、
525米ドル/m2(2015年第4四半期は632米ドル/ m2)。

大型パネル価格の全般的な下落に加え、面積単価の高いモバイル用中小型パネルの比率が低下し、
製品構成が悪化したことから2015年第4四半期から大幅な低下となっています。
同社はiPhone用パネルで4割程度のシェアを持っています。
テレビ用パネルについては、収益性が低下している32型の生産を抑制。
2015年第4四半期比で数量は1桁%台半ばの減少となっています。
代わりに43型以上のパネルに能力を割り当て、2015年第4四半期比で1桁%台半ばの増加となっています。

2016年第1四半期の用途別売上構成比は、テレビが38%(2015年第4四半期は34%)、モニターが15%(同15%)、
ノートパソコンおよびタブレット端末が24%(同19%)、モバイルその他が23%(同32%)です。

<液晶は「成熟期に入った」>

2016年第2四半期(4~6月)の主なガイダンスは、以下の通りとなっています。
総出荷面積は、2016年第1四半期比で1桁%台半ば(mid-single digit)の増加。
個々のパネル価格は安定化を想定する。健全な在庫水準、労働節商戦やオリンピックなどの
スポーツイベントに向けたブランド側の調達増加を理由として挙げ、
一部サイズでは価格が上昇する可能性もあるとの見方です。

2016年通期での需給バランスについては、基本的に供給過剰の状態が継続する見通し。
ただし、パネル価格の下落によってテレビブランド側の収益性が改善していることや、
オリンピックなどのスポーツイベント効果で、テレビセットの販売台数については今後、
増加傾向となる可能性があるとの見方を示しています。

同社は液晶パネル産業全体が成熟期に入ったと認識しており、
液晶パネルから有機ELパネルへ軸足を移していると述べたとのこと。
液晶パネルでは高解像度、大型サイズ、AIT(インセルタッチ)などの差異化製品に注力するとのこと。
有機ELパネルは大型がWOLED、中小型はRGB塗り分けと、両者で異なる技術となりますが、
どちらも重要であるとし、顧客や市場の需要動向を踏まえて投資を継続するとしています。

<設備投資の過半を有機ELに>

2016年第1四半期の有機ELパネル出荷枚数は20万枚弱、2016年の目標数量は100万枚を維持しています。
2015年通期は40万枚となっています。第1四半期の出荷のうち、65型の比率は3割超。
2015年通年では、55型が約85%となっています。

今期は能力増強がない(現在3万4000枚/月)が、歩留まりおよび生産性改善で100万枚の数量は
達成可能との見方も示しています。有機ELパネルの損益は前年から改善しているが
2016年第1四半期も赤字が続いたと述べています。
黒字化に向けては、歩留まり、規模の経済、プレミアム製品として価値が認められること、の3点が
カギになるとしています。
歩留まりについては、2015年末時点において55型FHDで80%を達成しており、
UHDではこれよりも水準は下がるが改善してきていると説明しています。

2016年の設備投資は4兆~5兆ウォンの計画で、前四半期から変更なし。
上記金額のうち50~60%程度は有機ELパネル関連の投資となる見込みです。
前回の発表内容を含む、有機ELパネル関連投資の詳細は以下の通り。

2015年7月に発表済みの中小型・フレキシブル有機ELパネル製造ライン(E5)への新規投資
(投資額1兆500億ウォン、能力はG6で7500枚/月)は、2017年後半に拡張が完了する予定。

2015年第4四半期決算時に発表した有機ELパネルの能力増強投資については、
既存の液晶パネル製造ライン(G8、5万枚/月)をテレビ用の有機ELパネル製造ライン
(2万5000~2万6000枚/月)に改修予定。投資額は4800億ウォン。
ただしアモルファスSiからOxideへの置き換え分のみで、蒸着用の装置などを含む総投資額は
9000億ウォン程度となる見込みで、一部は2017年の設備投資となるとのこと。

投資額(9000億ウォン)は、既存の2万6000枚/月のライン構築に要した投資額(1兆ウォン強)と比べて
3割程度少なく済むといい、今後も有機ELパネルの能力当たりのコストは低下する見込みとしています。
なお、液晶パネル製造ラインは2016年第3四半期(7~9月)ごろまで生産を継続し、
その後、有機ELパネル用に改修する予定とのこと。

2015年11月発表の新規工場(P10、基板サイズはG9もしくはG10)については、
詳細は検討中であるとして新たな情報は示さなかったとのことです。
同社はP10について投資額1兆8400億ウォン、2018年上期量産開始予定としています。

<機動的にコスト抑制>

以上のように、2016年第1四半期は営業黒字を確保しています。
為替要因(ウォンが米ドルに対し前四半期比4%の減価。売上の9割は米ドルベース。材料費は売上の約5割。
650億ウォンの増益要因)もあったものの、最大の背景は販売管理費の削減(前四半期比17%減)や
製造原価に占める人件費関連のコストとなっています。
継続性のあるコスト削減であるか否かは観察が必要だが、同社が機動的なコスト抑制ができる
運営体制になっていることが垣間見えたと報じられています。

アプリケーション別では、収益性の最も高かったテレビ用液晶パネル価格が急落し、
43型以下のサイズは赤字に陥ったと考えられるとのこと。
ただし、65型以上の増加(2015年第4四半期における54万枚程度から、2016年第1四半期は64万枚程度)や
高単価の4Kパネル比率の上昇で黒字を確保し、パソコン用やモバイル用などの
赤字をカバーしたものと見られるとのこと。
また、四半期ベースで1.2億~1.5億米ドル程度の赤字を計上していると見られる
有機ELテレビ用パネルについても、歩留まり上昇やコスト削減などにより赤字額が減少しているもようとのことです。

2016年第1四半期に関して、出荷面積は前四半期比1桁%台後半(high single digit)の減少、
ASP低下(iPhone向け比率低下の影響が大きいと見られる)というガイダンスに沿った線となっています。
2015年第4四半期末時点で、テレビ完成品の在庫が余剰気味だったことから、
同社の2016年第1四半期出荷面積ガイダンスはやや強気との印象だったとのこと。
しかし、主要顧客である韓国LG Electronics社や、Skyworth社など中国ブランドからの需要は堅調に推移し、
韓国Samsung Display社の曲面パネル新製品の歩留まり問題や、台湾Innolux社への地震影響などもあり
パネル供給が2016年2~3月に想定より細ったことが、同社には追い風となった可能性が高いとされています。

関連記事
(16/08/01追記)
中央日報:LGエレクトロニクス、有機ELテレビ大衆化の準備完了…2018年までに10兆ウォン投資

当ブログ関連記事
LGが大型有機ELテレビを発売、豊かな明暗表現・臨場感で市場開拓
LGDのAMOLED生産体制 2015〜18年 DIGITIMES調査
LG、有機ELシフト加速 テレビ用パネルに830億円投資
LGD、スマホ用AMOLEDでOPPOとVIVOに照準 シャープ・JDIに衝撃も

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter