撮影は“まばたき”で制御--ソニーのカメラ搭載コンタクトレンズの特許が公開(追記)

CNET Japan
撮影は“まばたき”で制御--ソニーのカメラ搭載コンタクトレンズの特許が公開

Smart-contact-lens_image1.jpg

撮影機能を備える眼鏡型ウェアラブルデバイス“スマートグラス”は、盗撮に悪用されると不安視されることもあり、
普及が足踏み状態となっています。ところが、ソニーの発明“ハンズフリー撮影機能付きコンタクトレンズ”が
実用化されたら、スマートグラス以上に気付かれることなく、自然な動作で写真やビデオが撮れてしまうようです。


この発明は、コンタクトレンズに画像センサやプロセッサ、メモリ-、無線通信機能、バッテリなどを搭載し、
写真やビデオを撮影できるようにするもの。さらに、まばたきで撮影をコントロールするアイデアにも言及しています。

Sony_contact-lens_patent_image1.png
公開されたソニーの特許(出典:USPTO)

ソニーが米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間2016年4月7日に
「CONTACT LENS AND STORAGE MEDIUM」(公開特許番号「US 2016/0097940 A1」)として
公開されています。出願日は2014年2月12日。

もっとも重要な第1クレーム(請求項)では、単に撮影機能を備えるコンタクトレンズの構成要素だけを列挙。
これに続くクレームで、撮影データをストレージに保存する仕組み、撮影データを外部デバイスへ無線送信する仕組み、
まばたきで撮影を始めたりする仕組みなどを説明しています。

Sony_contact-lens_patent_image2.png
まばたきで撮影を制御する実施例のフローチャート(出典:USPTO)

さらに、ズームやフォーカス、絞りの制御などもまぶたの開け閉めでコントロールする考えのようです。

関連記事
日経テクノロジーオンライン:ウィンクで撮影するカメラ、2016年秋発売予定

当ブログ関連記事
コンタクトレンズがスクリーンになる「ポリマー薄膜コーティング」技術
Google、超小型カメラセンサーを搭載した「コンタクトレンズ」を特許出願
Google、涙液中のグルコース濃度を測定できる「スマートコンタクトレンズ」を開発中
ウェアラブルデバイスが抱える法的リスク

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter