日本電気硝子、量子ドットベンチャーに出資

OPTRONICS ONLINE
日本電気硝子、量子ドットベンチャーに出資

NEG_NS-materials_QD_image1.jpg

日本電気硝子は、第三者割当増資によりNSマテリアルズが新規発行する普通株式を引き受けることに加え、
NSマテリアルズの既存株主より発行済普通株式を取得したと発表しています。
出資金額は7億3,530万円、出資比率は15.9%となるとのこと。



今回の出資を通じて両社は、NSマテリアルズが開発・製造を進める量子ドットと、
日本電気硝子が持つ特殊ガラス材料技術とを組み合わせ、優れた色再現性とともに高い耐熱性・耐環境性を
備える高輝度光変換ガラス部材やガラス部材に適した量子ドット蛍光体の開発を協力して進め、
バックライト製品等の電子部品照明デバイスへの応用や新たな製品の開発に取り組むとしています。

量子ドット(Quantum Dot)技術は、ナノサイズの半導体結晶物質を用いて、入射した光を別の波長(色)の光に
高純度で効率良く変換することができるもの。液晶ディスプレイのバックライトに応用すれば、ディスプレイの広色域化、
高輝度化、高コントラスト化、低消費電力化に貢献できます。NSマテリアルズが手掛ける量子ドット・ナノ蛍光体は、
従来の蛍光体では得ることが難しい鮮やかな赤色光と緑色光に波長変換することができる点で優れています。

NSマテリアルズは、今回の資金調達により、福岡県の久留米・広川新産業団地内の新工場における
量子ドットの量産体制の拡充及び、次世代量子ドットの開発、新規の応用デバイス開発を加速するとしています。

当ブログ関連記事
量子ドットセンサー、CMOSセンサーの脅威に?
AUO、3Mの量子ドット技術採用ALCDパネル量産へ
産総研、量子ドットの発光が安定化するメカニズムを解明
NSマテリアルズが開発、液晶ディスプレイの広色域化を実現する量子ドット蛍光体「QD」

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter