人工知能の創作物に著作権? 政府が知財制度を見直しへ(追記)

ITmedia
人工知能の創作物に著作権? 政府が知財制度を見直しへ

JP-gavament_AI_patent_image1.jpg

政府の知的財産戦略本部は、「知的財産推進計画2016」を公開し、AIが創作した作品に対応する
知財制度の在り方を検討する姿勢を明らかにしています。


現行の著作権法は、保護対象を「思想又は感情を創作的に表現したもの」としており、人間が創作した作品、
人間がAIを道具として利用した創作物には著作権を認めています。人間がほとんど関与せず、AIが自律的に
創作したものは権利の対象とならないというのが一般的な解釈となっています。

技術の進化に伴い、人間の作品とAIの創作物を外見上見分けることが困難になっている現状を踏まえ、
権利や制度の変更や見直しの必要性を指摘。AIによる創作物が爆発的に増える可能性を懸念し、
小説や音楽などのコンテンツでの対応を優先的に検討すべきとしています。

計画では、知財システムの検討と併せ、AIによる創作活動に不可欠なビッグデータの共有・活用をしやすい
環境作りも進めたい考えも示しています。

創作におけるAI活用は、実験的なプロジェクトも多く、3月に受賞作が決定したSF作家・星新一さんの名前を冠した
ショートショート文学賞「星新一賞」では、AIが“執筆”した作品が一次選考を通過し、話題を集めています。

関連記事
ZDNET:人工知能関連政策に見る政府の“本気”とマイルストーン

当ブログ関連記事
グーグル、ハードウェア事業を1グループに集約へ--モトローラ元社長がトップ(追記)
警察庁の自動運転実験の指針案、無人の「完全自動運転」は認めず
トヨタのAI研究会社、早くも米国に第3の拠点
グーグルの自動運転車、AIが法律上「運転手」に 当局が見解(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

- 如月中将 - 2016年06月07日 07:08:10

遂にそんな時代になりましたか。。
時代は進みますね。

- miyabi - 2016年06月08日 00:45:50

>如月中将様

コメントありがとうございます。

今後どこまでAIの「権利」が拡大していくのかが注目されますね。
すでに米国では自動運転AIをドライバーとみなす見解も出てきていますので、

>http://deep2black.blog7.fc2.com/blog-entry-2608.html

技術に合わせて法律も変わっていくのではないかと思います。

一方でイーロン・マスク氏などはAIの進化に警鐘を鳴らしていますし、

>http://deep2black.blog7.fc2.com/blog-entry-2433.html

今後は国にかかわらずAIについての議論が広まっていくのではないでしょうか。


トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter