FC2ブログ

コーニングとフォード、軽量ガラスの研究結果を発表

OPTRONICS ONLINE
コーニングとフォード、軽量ガラスの研究結果を発表

Ford_GT_corning_gorilla-glass_image1.jpg

米コーニングインコーポレイティッドは、米フォードモーターカンパニーと共同で実施した
自動車フロントガラス用薄型軽量ガラスの耐衝撃性に関する共同研究論文の結果を発表しています。


共同研究では、3層構造フロントガラス―車内側に「Corning® Gorilla® Glass for Automotive」、
中間に樹脂性接着層、そして車外側にソーダライムガラス―の耐衝撃性と性能を実証し、
この構造のフロントガラスと、従来のソーダライムガラスによるフロントガラスとの比較を行なっています。

この共同研究は、大幅な軽量化の実現と、飛び石などの衝撃に対する優れた性能の維持を可能にする
フロントガラスの積層構造の設計に焦点を当てたもの。フロントガラスの積層構造に従来のガラスを用いた場合と
「Gorilla Glass」を用いた場合について、それぞれの飛び石に対する耐衝撃性を評価し、
両タイプのガラスに衝撃試験を行ない、車内側ガラスの亀裂発生頻度を記録しています。

その結果、従来のガラスを用いた積層構造の場合、通常のガラス厚5.0mmから4.0mmに薄型化すると
50%以上の確率で車内側ガラスの破損が発生。対照的に、「Gorilla Glass」を用いた場合、40%薄型化して
3.0mmにした場合でも、車内側ガラスの破損は発生しなかったとのこと。

これにより、Gorilla Glassを使うことで、優れた耐衝撃性を維持しながら、フロントガラスの大幅な薄型化と
それに伴う軽量化を実現することができるとしています。

なお、昨年末、コーニングとフォードは、フォードGTが軽量Gorilla Glassをフロントガラスに用いた
初の量産車となることを発表しています。

コーニングニュースリリース
コーニングとフォード、軽量ガラスソリューションに関する共同研究結果を発表

当ブログ関連記事
サンゴバンとコーニング,自動車向け合弁企業を設立
BOE合肥10.5世代ラインに8000億円 18年Q3量産(追記)
中国でガラス基板工場建設ラッシュ 旭硝子は恵州・日本電気硝子は南京・コーニング重慶
コーニング、高いトータルピッチ精度のディスプレイガラスを発売

    
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter