電子部品大手、業績失速。スマホ向け「台数動向が見えない」(追記)

NEWSWITCH
電子部品大手、業績失速。スマホ向け「台数動向が見えない」
環境激変。生き残るメーカーは一握りか

Electro-parts_5corporate_2016_1Q_image1.jpg

電子部品5社の2016年3月期連結決算は、スマートフォン市場の成長鈍化に伴い、減速傾向が強まってきています。
米アップルが16年1-3月に販売不振や減産に陥り、京セラやアルプス電気の営業利益が下振れ。
業績が好調だった村田製作所やTDKも17年3月期は減益を見通しています。
各社はスマホ市場が堅調な間に、車載機器やエネルギーなど新分野の育成を急いでいます。


TDKは16年3月期で大幅増益を達成していますが、16年1-3月期は「高周波部品などで
北米のスマホ生産調整が響いた」(上釜健宏社長)。17年3月期のスマホ市場は大きな成長が見込めませんが
「中国の高価格帯スマホ向けに部品点数が増えるほか、新製品にも期待できる」(同)と見ています。

村田製作所は中華圏のスマホ向け表面弾性波(SAW)フィルターなどが伸びています。
村田恒夫社長は「1台当たりの部品点数が増え、堅調に推移した」と説明。
一方、17年3月期はスマホ向けの売上高の伸び率は2%と、前期の30%に比べ大幅減を予想しています。

京セラは16年3月期の計画達成率が90%にとどまっています。
スマホ市場の失速は「4-6月期も大きくは変わらない」(山口悟郎社長)とのこと。
しかし部品点数の増加をテコに「17年3月期は前期比14-15%で伸ばしたい」(同)としています。

アルプス電気の17年3月期は減収減益を予想。ただスマホ向け事業の売上高はカメラ用アクチュエーターや
スイッチがけん引し、前期比0.8%増の1880億円を見込んでいます。
「台数動向が見えない」(栗山年弘社長)が、新製品に期待するとのこと。

日本電産もスマホ市場の減産を受け大幅に受注が減少。
触覚部品「ハプティック」が落ち込み、16年1-3月期に設備の減損や不稼働損失で65億円を計上しています。
ただ「スマホ市場全体がピークアウトした訳ではない。4月からは次のモデルで取り返す」(永守重信会長兼社長)。
車載用部品事業を軸に4期連続の最高益を目指しています。

<TDK社長交代、上釜氏は代表権のある会長に>

TDKは石黒成直常務執行役員(58)が社長に昇格する人事を発表しています。
上釜健宏社長(58)は、「成長路線に向け、スピードを持って実行に移す時」と、就任10年を節目に
バトンタッチを決めています。上釜社長は代表権のある会長に就き、ガバナンス体制の強化に取り組むとのこと。
6月29日の株主総会後の取締役会を経て就任予定です。

一層のグローバル成長を目指す中、石黒次期社長は豊富な海外経験が選任の決め手となったとのこと。
主力の磁気ヘッド事業での貢献も大きく、自動車向け磁気センサーを手がけるミクロナス(スイス)買収の
立役者でもあります。TDKはヘッド技術を自動車用センサーに横展開し、新しい柱へ育成する考えで、
次期社長の手腕が試されます。
上釜社長は電子部品事業の回復や米クアルコムとの合弁会社設立など成長の道筋をつけたとしています。

関連記事
日本経済新聞:電子部品 4年ぶり受注減 1-3月iPhone不振 日東電工、2割マイナス
日経テクノロジーオンライン:寡占化と中国シフトが進む電子部品、逆襲の戦略を考察
(16/06/08追記)
EETimes:16年2月の国内部品出荷、3カ月連続となる前年割れ
(16/06/20)
東洋経済:電子部品を襲う「円高」「スマホ減速」の二重苦

当ブログ関連記事
売上高2兆円を目指す日本電産。今後、M&Aの対象は変わる!?
電機大手の業績に暗雲 中国のスマホ伸びず円高も加速
スマホ鈍化 部品・機械メーカーの業績直撃 中国低迷、Apple減産響く

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter