国内素材メーカー、太陽光関連素材の事業性悪化、工場閉鎖も(追記)

日経テクノロジーオンライン
国内素材メーカー、太陽光関連素材の事業性悪化、工場閉鎖も
日本板硝子が中国工場閉鎖、トクヤマはマレーシア生産子会社を減損

Tokuyama_malaysia_P-Si_plant_image1.jpg
トクヤママレーシアの太陽電池向け多結晶シリコン製造設備 (出所:トクヤマ)

太陽電池向けの素材市場で、中国企業の台頭などにより日本メーカーのコスト競争力が低下し、
海外工場での生産体制を見直す動きが目立っていると報じられています。


日本板硝子は、連結子会社であるピルキントンソーラー(太倉)有限公司(PST)が、
中国における太陽光パネル用の板ガラス事業から撤退すると発表しています。
今回の決定に伴い75億円の減損損失を2016年3月期に計上するとのこと。

PST は、中国で結晶シリコン型太陽光パネル向けに板ガラス(カバーガラス)を製造・販売してきました。
しかし、「近年、同社製品に対する需要の減少が続き、今後の収益性も改善が見込めないため、
同事業からの撤退を決めた」とのこと。6月30日をもって撤退するとしています。
なお、日本板硝子グループが手掛けている薄膜系太陽光パネル用の透明導電膜付きガラス事業は継続し、
製造・販売ともに影響ないとしています。

結晶シリコン型太陽光パネル向けのカバーガラスについては、旭硝子も2012年11月に米国の生産工場を
閉鎖すると発表しています。閉鎖したのは、AGCガラス・ノースアメリカのキングスポート工場(米国テネシー州)で、
この閉鎖により、旭硝子グループにおける太陽光パネル向けカバーガラスの生産能力が3割以上削減されています。

撤退した理由について、旭硝子は「世界の太陽光向けカバーガラス市場の成長が鈍化し始めたことと、
中国ガラスメーカーの台頭による競争激化」を挙げています。旭硝子グループは、アジアや欧米の4拠点で
カバーガラスを生産していますが、現在の市場環境に合わせた生産体制の見直しを進めています。

なお、旭硝子も、米国スプリングヒル工場(カンザス州)で生産している薄膜系太陽光パネル向けの
ガラス基板については今後も継続するとしています。

中国ガラスメーカーが、結晶シリコン型太陽光パネル向けカバーガラスの生産を拡大させている中、
日本のガラスメーカーのコスト競争力が低下し、より付加価値の高い薄膜系太陽光パネルのガラス基板に
特化していく方向性が鮮明になってきています。

太陽電池向けの素材に関しては、トクヤマも多結晶シリコンを製造するトクヤママレーシアに関し、
2016年3月期決算で1234億円の減損損失を計上しています。多結晶シリコン市況の下落などによる
事業環境の悪化を踏まえ、コストダウンを徹底するなど、中長期の事業計画を見直したことが原因とのこと。

P-Si_market_for_Solar-cell_2012-2015_price_image1.jpg
太陽電池向け多結晶シリコンの市況 

関連記事
(17/01/17追記)
東洋経済:トクヤマ、2000億円投資はなぜ失敗したか?

当ブログ関連記事
伊藤忠、太陽電池ベンチャーに出資
Si系太陽電池でモジュール変換効率23.8%達成(追記)
パナソニック、太陽電池を生産調整−大阪・二色の浜工場を休止

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter