「太陽光発電する窓ガラス」、キリンビールの見学・試飲施設が採用

日経テクノロジーオンライン
「太陽光発電する窓ガラス」、キリンビールの見学・試飲施設が採用

AGC_attochi_kirin-beer-villege_image1.jpg
開口部が広く、南西向きで、遮熱と発電の効果が生きた
左はキリン横浜ビアビレッジの試飲室、右が導入した太陽電池を組み込んだガラス(出所:旭硝子)

旭硝子は、太陽電池を組み込んだ窓ガラス「アトッチ(太陽光発電仕様)」が、神奈川県横浜市にある
「キリン横浜ビアビレッジ」に採用されたと発表しています。
省エネと創エネの機能を合わせ持つガラスとし、初の採用例になったとのこと。


キリン横浜ビアビレッジは、キリンビールの横浜工場内にある見学・試飲施設。
同工場の操業90周年に合わせて改装し、神奈川県の「薄膜太陽電池普及拡大プロジェクト」の一環として、
太陽電池の組み込まれた窓ガラスを設置したとのことです。

試飲室は、開口部が広い上、南西を向いており、太陽光が強く当たり、暑さを感じるなどの課題があったとのこと。
そこで、「発電する窓ガラス」を導入。視界を確保しながら、遮熱機能とともに、太陽光発電の機能も持つという
コンセプトが、ニーズに合致したとしています。

「アトッチ(太陽光発電仕様)」は、省エネ・創エネ機能だけでなく、室内側から施工できるために足場が不要なことから、
従来の窓の改修よりも施工の期間や費用を抑えられる利点もあるとしています。
また、一つの窓あたりの施工時間が30分~1時間と短く、施工の時期も選ばないとしており、
加えて、夏の暑さや冬の寒さを和らげて結露も抑えるなど、 快適に過ごせるといった特徴もあるとのこと。

単結晶太陽電池セルをすだれ状に切ることで、発電効率の向上と視界の確保を両立しているとしています。
合わせガラスに太陽電池を挟み込んで形成しているとのこと。

関連記事
ITmedia:貼るだけで窓が年間1400kWh発電、横浜のビール工場で導入

当ブログ関連記事
塗布型太陽電池向け材料、変換効率18%超を達成(追記)
Si系太陽電池でモジュール変換効率23.8%達成(追記)
独ヘリアテック、有機太陽電池で13.2%を記録
建物の壁面や窓ガラスにも設置が可能に:酸化チタンを透明電極に用いた有機薄膜太陽電池(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter