より明るく柔軟な「グラフェン電子ペーパー」を中国企業が開発。従来よりも低コストで、1年以内の量産を見込む(追記)

Engadget
より明るく柔軟な「グラフェン電子ペーパー」を中国企業が開発。従来よりも低コストで、1年以内の量産を見込む

OED technology_grahene_electronic-paper_image1

中国・広州のOED Technologiesが、世界初と称するグラフェンベースの電子ペーパーを開発したと発表しています。
1年以内には実用化も可能としているとのこと。



グラフェンは炭素素材として注目される材料。炭素原子がすべて平面状に結合しているため、
厚みは原子1個分(0.335nm)しかなく、世界で最も軽い素材とされています。
また炭素でできているため、電気や熱をよく伝える性質も併せ持っています。

OED Technologiesはこの素材を用いた新しい電子ペーパーを開発したと発表しています。
説明文にはグラフェンをどこにどう使っているのかについて記載がないものの、その特徴は
既存の電子ペーパーより柔軟で高強度、光の透過率も従来のものに比べると高くなっているとしています。

現在実用化されている電子ペーパーはその構造上、希少なインジウムを使用します。
一方で、OED Technologies のグラフェン電子ペーパーの場合はそれが必要なく大量生産時のコストもより
低く抑えられると主張しており、さらにOED Technologies は、1年以内には生産ラインを
動かすことができるとしているとのこと。

電子ペーパーは実用化されてからすでに10年以上が経過しています。
ただ発色や応答性の高い液晶やOLEDに比べると、用途が限定されがちなためか、
一般向け製品への普及は非常に緩やかです。主に電子書籍リーダーのディスプレイに使われているほかは、
省電力性能の良さからPebbleのようなスマートウォッチなどへの応用があり、
最近ではデザインを変えられるスニーカーにも使われていました。

一般向け以外では、一時期デジタルサイネージとしての利用が目立ったほか、
身近なところではスーパーの陳列棚に取り付ける"デジタル値札"にも使われています。

現在の電子ペーパーの使われ方を考えると、グラフェン電子ペーパーを使った製品がすぐに一般向けの市場に
あふれるとは考えにくそうです。ただ、もし何か新しい用途、たとえば折りたためる電子新聞紙のようなデバイスが
安価に作れるようになれば、液晶とOLEDで締められるディスプレイ市場のバランスに
変化を与えることもあるかもしれないと報じられています。

OED-tech_logo_image1.jpg
http://www.oedtech.com/

関連記事
(17/07/21追記)
EMSOne:【産業動向】 腕に巻けるスマホ用グラフェン製タッチパネル開発、中国系が大挙参入

当ブログ関連記事
DNP、商品棚の価格表示スペースに動画などを投影できる透過型スクリーン
凸版印刷、白黒赤の表示が可能なフレキシブル電子ペーパーを開発
複数の家電をまとめて操作 電子ペーパーリモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」、ソニーから
ソニー新規事業チームのもとで開発:電子ペーパーウォッチ「FES Watch」(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter