FC2ブログ

【液晶パネル】 独メルク、台湾にOLED多元系材料のR&Dセンター

EMSOneより。
【液晶パネル】 独メルク、台湾にOLED多元系材料のR&Dセンター

化学・医薬品大手でフラットディスプレイ向け液晶材料の独メルク(Merck)が4月18日、新技術の研究・開発(R&D)センターを台湾桃園県観音にオープンした。同社ではアジア初の多元系材料R&Dセンターで、有機EL(OLED)、パネル、LED照明、3D表示、折り曲げ可能パネル、タッチパネルなどの新技術に提供する多元系材料の提供を目指す。台湾紙『経済日報』(4月19日付)が報じた。


merck.gif


独企業のメルク(Merck)は医薬・化学品の材料メーカーです。
ディスプレイ分野では下記を取り扱っています。
・有機EL材料…蒸着用低分子材料/塗布型低分子材料
・液晶材料
・撥水/撥油材料用真空蒸着材料
・反射防止膜用ゾルゲル材料

ディスプレイ関連企業が集中するアジア圏で研究開発を行うことで、
ディスプレイ関連のビジネスを加速していくと考えられます。

メルクのHP
http://www.merck.co.jp/ja/index.html
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter