The MOT Company、ウレタン・炭素繊維の複合材料開発

日刊工業新聞
The MOT Company、ウレタン・炭素繊維の複合材料開発

The-MOT-Campany_CNT_uretane_image1.jpg

The MOT Company(東京都新宿区)は、ウレタンと炭素繊維クロス(織物)を組み合わせた
複合材料「soft carbon(ソフトカーボン)」を開発したと発表しています。


ウレタンを炭素繊維に含浸しており、生地として一般化している塩化ビニール(塩ビ)のように黄変しないとのこと。
すでに提案営業を始めており、価格は1m角で1万5000円程度。
2016年度中に10-20件の採用を目指すとしています。

高温・高圧で焼き固めるオートクレーブ(AC)により、ウレタンと炭素繊維を組み合わせたとのことで
主に自動車のシートカバーやバッグなどの生地、成形加工材料としての使用を想定しています。

プラスチック製品に皮模様を施して高級感を持たせるシボ加工を施し、滑り防止機能を備えています。
繊維束の本数として1K(1000フィラメント)、3K(3000フィラメント)、12K(1万2000フィラメント)の
3タイプを用意しています。

The-MOT-Company_Logo-image1.jpg
http://www.mot-company.com/

当ブログ関連記事
CNT本来の機能発揮する複合材料-独自分散技術で均一配合、大日精化
積水化学、「CNT温度差発電シート」の実証実験を開始 - 2018年度製品化へ
東レ、軽量・高剛性を両立させた炭素繊維構造材を開発
耐衝撃性2倍に、異種繊維を混ぜたCFRP 東レ、射出成形用の長繊維ペレットを新開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter