車載ディスプレー、20年に1.7億枚市場へ 耐環境・異形・曲面で差別化、LTPS/IGZOにシフト

電子デバイス産業新聞
車載ディスプレー、20年に1.7億枚市場へ
耐環境・異形・曲面で差別化、LTPS/IGZOにシフト


Car_display_flexible_image1.jpg

携帯電話やデジタルカメラ、タブレットPC向けなどが伸び悩むなか、2015年の車載ディスプレー市場は
前年比33.6%増の1億1810万枚と驚異的な成長を記録した(IHS調べ)とのこと。
同年のグローバル自動車出荷台数が前年比微増の約8800万台だったことから、
1台あたりに1枚以上が搭載されたことになります。
アプリケーションの拡大とともに、今後も搭載枚数が増加していくのは確実で、ディスプレー市場において
貴重な成長分野として競争が激しさを増しそうだと報じられています。

現在の車載用ディスプレーでは、センターコンソールに搭載されている7~8インチの
センター・インフォメーション・ディスプレー(CID)が主流となっています。
一部のミドルクラスや高級車を中心にインストルメント・クラスター(3~4インチ)での搭載も進んでおり、
今後の成長を担う大きな牽引役になると見られています。

パネルメーカー担当者は「自動車メーカーからは、センターコンソールにあるメカニカルな各種スイッチの操作を
CIDで一元的に行いたいという要望が多く聞かれる。クラスター向けパネルも大型化がトレンドになっている」と
述べています。

一方で、大型化に加えて、デザイン性の観点から、四角いディスプレーではなく、丸みや曲面など
自由な形状を実現するディスプレーが今後の差別化ポイントとして重要視されるとみられています。
また、コネクテッドカーの進展によってインターネット環境との常時接続が進み、
映し出される情報量はスマートフォンと同等になります。
これにより当然、高解像度化も求められる要素となっています。

当ブログ関連記事
極端な低温や高温でも素早く応答する新たな液晶素材--米中日の共同研究
液晶タッチパネル生産、すべて車向けに パナソニック
パナソニック、操作用ノブ一体型静電タッチパネルモジュール開発-車載向けで引き合い
車載タッチパネル市場、2015年は前年比114.8%の2,866万枚に

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter