CNT本来の機能発揮する複合材料-独自分散技術で均一配合、大日精化

日刊工業新聞
CNT本来の機能発揮する複合材料-独自分散技術で均一配合、大日精化

Dainichi-seika_CNT-composit_image1.jpg
独自の分散技術により、複合材料にした際に、均一にCNTを配合(顕微鏡写真)

大日精化工業はカーボンナノチューブ(CNT)本来の機能を発揮しやすい、
樹脂とCNTの複合材料「CNTナノコンポジット」を開発したと発表しています。
独自の分散技術により、樹脂にCNTを加えて複合材料にした際、CNTを均一に配合できるとのこと。


このため、CNTが持つ導電性などの電気的特性や、素材を軽量、高強度にする機械的特性を
発揮しやすくなるとしています。価格は非公表。
電子部品、事務機器や自動車向け部品に提案し、数年内に量産を目指すとのことです。

例えば、ポリカーボネート樹脂にCNTを4%配合する場合、通常の分散方法では成形品の金型の部位ごとに
表面抵抗値がばらつく課題があったとしています。
ですが、同社独自の分散法では表面抵抗値がほぼ均一となり、
CNT本来の機能を発揮しやすくなるとしており
ポリアセタール樹脂にCNT3%を含ませる際は、通常のCNT分散法やカーボンブラックに比べ
材料の粘り強さを指す靭(じん)性が約2倍になったとのことです。

当ブログ関連記事
積水化学、「CNT温度差発電シート」の実証実験を開始 - 2018年度製品化へ
東レ、軽量・高剛性を両立させた炭素繊維構造材を開発
産総研とTASC、熱/熱水/酸/アルカリなどに強い耐環境特性ゴム材料を開発
生産性10倍の炭素繊維製造法、ライバル4社が手を組み開発

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter