ソニー、15年度営業利益予想を300億円下方修正 スマホ部品減速で

REUTERS
ソニー、15年度営業利益予想を300億円下方修正 スマホ部品減速で

Sony_logo_image2.jpg

ソニー(Sony)は、2016年3月期の連結営業利益予想を従来の3200億円から2900億円に
下方修正したと発表しています。


スマートフォン需要の成長鈍化を反映し、スマホ向けのカメラモジュール事業について16年1-3月期に
減損596億円の営業損失を計上することが主因とのこと。

テレビやデジタルカメラなどの費用削減効果に伴う増益要因がある一方で、大半がスマホに搭載される
カメラモジュールなどデバイス分野の業績悪化や、金融分野における金利の低下などの減益要因があり、
連結全体として見通しを引き下げたとしています。

税引き前利益も3450億円から3000億円に予想を引き下げています。
為替差損が1月時点の想定に比べ増加する見込みのためとしています。

関連記事
AV Watch:ソニーが2015年度業績見通しを下方修正。カメラモジュールの需要減
ITmedia:ソニー、営業益見通しを下方修正 カメラモジュールの需要減見込み減損

当ブログ関連記事
ソニー仮想現実機器「プレイステーションVR」、10月に発売へ
ドローンの量産開始 ソニー系とZMPの共同会社
Xperiaはスマートフォンの枠を超える――「Xperia X」「スマートプロダクト」発表(追記)
電機大手の業績に暗雲 中国のスマホ伸びず円高も加速

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter