アップル、BMW、ダイムラーとの協議を打ち切り(独Handelsblatt報道)(追記)

WirelessWire
アップル、BMW、ダイムラーとの協議を打ち切り(独Handelsblatt報道)

apple_logo_image3.jpg

アップル(Apple)とダイムラー(Daimler)ならびにBMWとの間でそれぞれ続けられていた電気自動車(EV)開発に
関する交渉が打ち切られたとする自動車業界関係者の話が独Handelsblattの英語版で報じられています。



同記事によると、アップルは部分的な自動運転機能も備えたEV開発を視野に入れて両社と
交渉を続けていましたが、「開発プロジェクトの主導権をどちらが握るか」
「EVから集まるデータをどちらが保有するか」といった点で、ダイムラー、BMWのいずれとも
結局折り合いが付かなかったとのこと。

また、自動車メーカー側が顧客データの保護をそれぞれの将来に向けた戦略上の重要項目と捉えているのに対し、
アップルが自社のクラウド(上にある)ソフトウェアを緊密な形で組み込んだEVの開発を望んだとする記述からは、
EV車輌から無線通信網を通じて集まる各種のデータをどこに保存するか、あるいはアップルの運営する
巨大データセンターにデータを保存するとした場合に、自動車メーカー側にはどの程度のアクセスが認められるか
といった点で話が物別れに終わったことなどが推測できるとのこと。

それぞれの交渉が打ち切られた時期については、BMWとの交渉が昨年で、ダイムラーとの交渉は
それよりも最近となっています。またこの話題に触れたElectrekでは、昨年7月にアップルとBMWとの交渉が
物別れに終わっていたとする話が報じられていたとしています。

アップルが「Project Titan」というプロジェクトでEV開発を進めており、またそのために自動車業界出身者の
採用を進めているといった話が以前からWSJをはじめとする複数の媒体で報じられてきています。
また最近では、アップルが自動車製造に関してマグナ・インターナショナル(Magna International)と
協議を進めているという話も伝えられていました。マグナについては、今回のHandelsblatt記事にも
アップルの交渉相手として名前が挙がっていますが、社名以外の具体的な記述は見当たらないとのこと。

NEWSWITCH:アップルのEV委託製造先にマグナ・シュタイア浮上!?

さらに同記事中には、アップルが自動車開発のために主にドイツの技術を利用しようとしており、
そのための人材集めをベルリンに設けた拠点で行っているとする一節もありますが、これは先に
フランクフルト・アルゲマインが伝えていた「ベルリンへのデザイン拠点開設」の報道とも一致すると思えるとのこと。

関連記事
(16/05/24追記)
CNET Japan:BMWとダイムラー、「Project Titan」めぐるアップルとの交渉中止か

当ブログ関連記事
アップルの電気自動車開発は「公然の秘密」--テスラのマスクCEO、インタビューで語る
トヨタとフォード、車内IT技術で提携 シリコンバレー依存軽減
Apple、人工知能ベンチャーを2社連続で買収――“Apple Car”への布石か?
米アップルがテスラのエンジニア採用、自動走行車開発チーム拡充(追記)

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter