FC2ブログ

Samsung、フレキシブルOLEDの開発に遅延

リンゲルブルーメンより。
Samsung、フレキシブルOLEDの開発に遅延

samsung flex oled


Samsungが開発中のフレシブル有機EL(OLED)ですが、プラスチック基板技術はほぼ確立したものの、
有機ELを大気中の水分などから守る「封止技術」の開発に難航しているようです。
ガラス基板上の有機ELの封止でもキャップ層とガラス基板との接合には低融点ガラスを用いるなど、
有機EL技術の肝といってもいい部分です。プラスチック基板自体が有機材料ですから、
基板自体からのデガスも問題になると思われます。ある程度は表面に無機膜をコーティングするなどして
抑制することはできるかもしれませんが、今度はフレキシブル性が損なわれてしまうという
問題があります。
「形にする」のと「安定して駆動させる」、また「試作品」と「量産品」との違いは
技術者なら誰でも一度は悩まされた問題なのではないでしょうか。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2013年末に登場すると報じられていたSamsungの「フレキシブルOLED」ですが、その開発が技術的障壁に直面していると韓国メディアが報じました。

韓国メディアによると、フレキシブルOLEDに用いるプラスチック基板の技術はほぼ確立しましたが、有機体であるOLEDを水や酸素から守る「封止技術」の確立に難航している模様。試作工程ではうまくいっても、量産工程では問題が生じるといった事態が生じているそうです。

フレキシブルOLEDといえば、Appleが取得したiWatchや将来のiPhone製品のためのデザイン特許で多用されているほか、LGもフレキシブルOLEDの年内投入を目指すなど、競争が激しくなっています。未来のモバイルを実現するこの技術、いち早い実用化に期待しましょう。

情報元:ETnews 経由:SamMobile
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
関連記事
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter