次々世代iPhone向け有機ELの供給でSamsungとAppleが契約を締結 - 海外報道

マイナビニュース
次々世代iPhone向け有機ELの供給でSamsungとAppleが契約を締結 - 海外報道

Samsung-Logo_glass_image.jpg

韓国Samsung Displayが米Appleと次々世代のiPhone向け中小型のAMOLED(有機EL)パネルの
供給契約を結んだと韓国や中国の一部のマスコミが報じています。



Samsungに近い日刊紙である中央日報や英字新聞Korea Heraldによると、
5.5インチの有機ELパネル1億台前後で、金額ベースでは約3兆ウォン(約2850億円)、
契約期間は当面3年とされていますが、Samsung自身はAppleとの契約について、
以前から一切コメントしない方針を貫いています。
韓国ディスプレイ業界関係者の話によると、ソウルの南、牙山市湯井で現在拡張工事中の
同社量産工場より2017年5月から納品を開始し、Appleが同年秋ころに発売するであろうと見込まれる
iPhoneの新製品から搭載を開始する計画だとのこと。
Samsungは有機ELラインの拡張へ莫大な投資をする都合上、Appleと長期契約を結んだとしています。

Samsungの中小型有機ELパネルのシェア(2015年)は90%を超え独占状態にあり、
Appleも有機ELパネルはスマートフォンではライバルであるSamsungから購入せざるを得ない状況にあります。

またライバルの韓国LG Displayも、現在、韓国内で有機ELパネル量産工場を建設中であり、
Appleと有機ELパネル供給に関する契約交渉を進め、最終段階にある模様です。
これによりAppleは2社購買が可能になることになります。

赤字必至の液晶ビジネスに注力する日本勢(シャープ、ジャパンディスプレイ)は、
有機ELへの投資を表明したばかりであり、スピード感をもって取り組まない限り、
ポスト液晶でも韓国勢に大きく水をあけられそうだと報じられています。
日本勢のいずれがApple納入3社目に入るか微妙な情勢とのこと。
シャープを買収した鴻海精密工業は、iPhoneの製造を受託していますが、
傘下の液晶メーカーのパネルがiPhoneに採用されぬ屈辱を、シャープとの連合でこれから取り組む
有機ELでなんとか挽回しようとしているとされています。

当ブログ関連記事
水と酸素の侵入を防ぐ、フレキシブル有機ELディスプレイの実用化へ一歩前進
鴻海・シャープ、堺で有機EL量産。まず60人の陣容で 亀山から方針転換
スマホ用有機EL、6Gハーフが量産基準に
17年版iPhone、有機EL充足なら5.5型廃止で最大サイズは5.8型

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter