積水化学、「CNT温度差発電シート」の実証実験を開始 - 2018年度製品化へ

マイナビニュース
積水化学、「CNT温度差発電シート」の実証実験を開始 - 2018年度製品化へ

Sekisui-Chem_CNT-sermal-set_image1.jpg
CNT温度差発電シートの基本構造と発電の様子

積水化学工業(積水化学)は、「カーボンナノチューブ(CNT)温度差発電シート」の実用化に向けた実証実験を開始し、
2018年度の製品化を目指すと発表しています。


同社の高機能プラスチックスカンパニーは、奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科
光情報分子科学研究室の河合壯教授、野々口斐之助教らが取り組む「CNT熱電変換材料」の開発に参画しています。
同社は、ナノ材料分散技術、化学修飾技術、成膜技術などの同社独自の技術を生かして、同熱電材料を活用し、
発電シートとしての実証実験可能なサイズのCNT不織布作製に成功。
このCNT不織布から個片化された素子をフィルム基板上に配列した温度差発電シートのサンプルを提供しています。

CNT温度差発電シートは、生活環境等の身近な温度領域での発電が可能で、
鉛、テルル等の毒性物質を含まないのが特長です。
有機系従来品と比較して大幅な性能向上が見込めることを確認しているとのこと。
現在はワイヤレスセンサー向けのエネルギーハーベスティング用途を想定しており、
特に、ビルディングや大型商業施設の地下施設、空調配管、エレベーターシャフト、工場、
大型倉庫、輸送機器(コンテナ、船舶)といった「高温多湿な環境下で定期的な交換・診断が難しく、
かつ昼夜問わず常時監視の必要な設備のセンサー用電源」への応用を想定しているとのこと。

同社は今回、開発品サンプルの提供など実用化に向けた実証実験を開始し、
さらなる性能向上を進めるとともに、製品化を目指しデバイス開発・生産プロセス・アプリケーションなど
サプライチェーンの各段階におけるパートナーの探索を進めていくとしています。

当ブログ関連記事
東レ、軽量・高剛性を両立させた炭素繊維構造材を開発
生産性10倍の炭素繊維製造法、ライバル4社が手を組み開発
大比表面積・高結晶性炭素材料、東北大らが開発
日本ゼオン、SG法用いたカーボンナノチューブの量産工場が稼働開始

    
関連記事
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

miyabi

  • Author:miyabi
  • 2013/1よりディスプレイ周りの技術情報を掲載。

    Twitter @deep2black
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
タグリスト
カテゴリー
アーカイブ
リンク
人気記事
ブログ内検索
関連書籍
RSSフィード
Twitter